麦秋

5月初めの頃の麦畑は青々としていたのですが、

今日は麦の穂が黄金色に輝いて、風に揺れていました。
近々、収穫が始まるようで刈り取りの準備がされていました。

僕は「麦秋」という言葉が風景同様に好きなんです。
この場合の「秋」は「刈り取り」を意味します。
この言葉を知ったのは、少し前になりますが、当時は??と耳慣れない言葉でしたが、
最近は結構耳にするようになりました。

「麦秋」という言葉に引かれて、小津安二郎監督の映画もDVDで見ました。
戦後間もない頃なのに、のんびりとした家庭の様子が描かれていました。
というより「原節子」という女優の魅力に感動していました。

麦の穂を見ると、ビールを想像される方も多いでしょうね。
5月に入っても肌寒い日が続いていましたが、
どうにか初夏が本格的になってきたようです。
子供の頃、夏になるとは「麦茶~はったい粉」と街中を行商する声を聞きました。

この辺りの大麦は大半が六条大麦で食用や麦茶の材料になりますが、
ビールや焼酎には二条大麦(別名・ビール麦)が使われます。
よく、その違いを聞かれますが・・
本来、大麦はすべて六条に粒がなるようですが、そのうち
穂を上から見たときに対角線上にある二つの列だけが成長して
穂の列が2つしかないように見えるものが、二条大麦と呼ばれています。
mugi
減反の影響からか、最近麦畑の作付けが徐々に増えていく傾向があるようです。
ちなみに六畳大麦の生産量は福井県が1位で、栃木県が2位、富山/石川が5/6位です。
裸麦は九州・四国がおおいようですが、二条大麦も北海道と同地域のようです。
それでも、日本の大麦消費量の10%以下で、後は豪州・カナダ・米国などの輸入に頼っています。

[PR]

by hirospace | 2006-06-02 13:59 | 風景 | Comments(6)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-06-02 17:27
二条大麦、六条大麦 違うのですね。
スマートなのが 二条大麦と覚えました^^
「麦秋」 黄金にかがやいて ぴったりの言葉です~
Commented by tenpousen6 at 2006-06-02 19:59
終戦後食糧難の頃田を借りて俗に言う二毛作に大麦を作っていました、堆肥を手でやったり、麦踏みをしたりしたことが思いでされます。
Commented by aturin88 at 2006-06-03 00:39
こんばんは。
子供の頃この辺りでも春は麦で緑一面の畑でしたが、最近はみなくなりました。
九州に行くとビールムギを彼方此方見ます。
勿論ビール会社もおおいのですが、 麦の見分け方今まで知りませんでした。  麦秋の言葉も・・・・良い言葉です。 情緒があって。 
Commented by mshin11 at 2006-06-03 19:38
hiroさんの写真はわかり易くていいです。
最初は全体像でだんだんそのものの姿がわかり私など
そばで見たことないからわかっていいですねヽ(^。^)ノ
Commented by skwakasaman at 2006-06-05 22:02
こんばんわ。
原節子さん・・・美人の女優さんで名前は知っておりますが画面ではあまりしりません.
少し私よりご年配ですね・・・(笑い)
麦といえば我が人生,ビールですよね.
今夜も飲んでますよ>。
Commented by takako at 2006-06-06 10:51 x
写真でみる初夏 麦の秋ですね。 タイトルも歌のように耳に聞こえます。
細い線書きをしたような いい写真です。

麦のある風景と重なって
病み上がりの母と岩風呂に行った事があったのを思いだしました。

<< 夕日 ハマヒルガオ >>