ラッキョウを漬ける

僕のもう一つの趣味に漬物があります。
6月はラッキョウや梅干・・世話というより楽しんでいます。

地元の生のラッキョウがお店に出回り始めました。
去年は福井県の三国の三里浜という産地のものを漬けたのですが、
今年は地元の洗いラッキョウが1kg1000円(出始めは高い?)で売られていたので、
土付きの方にしようか迷いましたが、ちょっと掃除が大変かな?と思って、2kg買いました。

さらに水洗いして丁寧に掃除をして、酢水(1:2)に塩を加えて、1週間ほど漬けて置きます。
塩漬けしてからなら、甘酢にも、醤油でも、蜂蜜漬けにでも出来ます。
僕は甘酢漬けが好きなので、今年も同じ方法でつける予定ですが、市販のラッキョウ酢を使う気はなく、自分の好みで調味酢を作るつもりでしたが、家内が唐辛子と一緒に買って来ました。
僕の手作りの味よりメーカーの方がいいのかな・・?(僕は酸味が強いのが好きなので)

塩水で洗って、直ぐに調味液に漬け込む簡単な方法もありますが、漬物だけは好みなど人によって、様々です。
本漬け(甘酢)して、10日で食べられますが、3ヶ月ほど経つと一番美味しくなりますね。

この写真は去年の1ヶ月経過したラッキョウです
[PR]

by hirospace | 2006-06-08 11:42 | 料理 | Comments(2)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-06-08 18:51
いつもラッキョウを漬けられるのですか。 すごい~♪
岡山で売られているのは、鳥取砂丘ラッキョウが多いです。
私は、お漬物は自家製ですが、ラッキョウは、漬けていません。
Commented by mshin11 at 2006-06-09 11:23
わぁ~美味しそうならっきょですね。
私は大好きなのに、旦那は食べないので作っても・・・
いいなぁ~いつもhiroさんをだんなさんに欲しかった(笑)
奥様が羨ましいで~すヽ(^。^)ノ

<< ヤマボウシ 菖蒲湯まつり >>