梅ジャム

梅の日記が3日も続きますと、さすがに、呆れ返る方やお笑いになる方もおられるでしょうね。(自分もちょっと可笑しい気分です)

去年の梅酒が少なくなって、実を取り出して、梅のジャムを作ることにしました。
(梅酒の実は1~2年で取り出すのが、いいようです)

酒の香りを取るために、熱湯で5分ほど煮ます。

種を取り除いて、梅肉をミキサー(プロセッサーでも可)かけてピューレ状にします。

鍋(これ100均の製品)にそれを移して、グラニュー糖250g(梅肉500gに対して)と水100ccを入れて、中火でコトコトと焦がさないように煮詰めます。

水分が少なくなり粘りが出てきたら、クエン酸を小さじ2杯入れてよく混ぜると、出来上がりです。

熱いうちに容器に詰めて、冷めてから冷蔵庫で保存します。
梅ジャムは初めて作りましたが、薄緑の色もいいし、酸味が少しあって結構いけます。
さっぱりとしたジャムは夏には最適かも知れません。
これで、梅の一連の作業?は本当に・・・段落しました。(笑)
梅ジャムは、もちろん青梅からも出来ますが、アク出しやら・・ちょっと手間がかかりそうですね。
[PR]

by hirospace | 2006-06-30 21:33 | 料理 | Comments(1)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-07-01 16:11
梅酒の梅、我が家にも残ったままのがあります~
今、確かめてきました^^
早速、ジャムにしてみますヽ(^o^)丿

<< 白山の高山植物 梅干の紫蘇漬け >>