白山の夏姿


5月6日の写真(木場潟から)
5月頃に、真っ白な白山が見られてから、霞などがかかって、すっきりと全景が見られる日がありませんでした。


今日は33℃の夏日になりましたが、久しぶりに白山がすっきりと見渡せました。
例年だと、雪解けが少しずつ見られて夏の到来を感じていくのですが、一気に夏姿になっていてちょっと驚きました。


でも、7月も中旬になって、所々に雪渓が見られるのも珍しい光景です。
登山道にも残雪があるようで、注意情報が出されています。
次の連休辺りから、夏の白山登山者が一気に増えて、交通規制(土日は自家用車は市ノ瀬までしか行けません)が始まります。
登りたいけれど、今年の夏は無理だろうなぁ~・・。

手取川の河原にはバラ科のカワラサイコ(河原柴胡)の花がたくさん咲いていました。
[PR]

by hirospace | 2006-07-12 08:39 | 風景 | Comments(2)  

Commented by maikasati at 2006-07-12 12:21
こんにちわ~!
いやぁ~良い風景ですよね、うっとりです。
こちらの方は 暑いのに まだ 雪も残っているのですね。
毎年白山へ 登山されてたのですか!!
今年は 下からの眺めに なるのですね。
Commented by のの at 2006-07-12 22:05 x
8月の初旬に 白山に登る予定ですが なんせ雨女なのでお天気だけが心配です(*^.^*ゝ予定より1か月も早くなったので 最近はなるべく歩く機会を増やしているんですが・・・そう思ったとたん雨続きで・・・

奥能登まで行かれたんですね!あばれ祭りは名前ぐらいしか聞いたことが無かったんですが すっごい迫力ですね!!怖いくらいです

いつか山登りをされる時 声をかけて下さいね♪今日会社に来てたお客さんが 富士山は 楽でいいぞ~ すごく綺麗だしなぁ~って・・・
う~ん また ぐらぐらきちゃうじゃないですか!って笑っていたんですが もう少し休みが取れれば ホントに色々行ってみたいなぁって思います

<< J-1観戦 奥能登のキリコまつり・・ >>