い草の刈り取り

水田の一角に濃い青色の延びきった「い草」が見られます。
イグサは畳表の材用になります。
九州が主生産地で中国地方でも栽培されていますが、こちらでも古くからイグサの栽培が行われており、国内最北の産地でもあります。
しかし、後継者不足と中国産の安価な輸入品に押されて、最近は作付面積も激減しました。


梅雨明けの早朝か夕方に刈り取りされるのですが、先日一部の田んぼで行われていました。
刈り取り後、直ぐに艶出しと色落ちを防ぐために「染土液」に付けられます。

その後、乾燥されて、根と先を切り取って真ん中の部分を使って畳表に加工されます。
「小松畳表」は耐久性に優れ、表面が変色しても、磨り減っても裏返しして再生出来るということで、高級品とされています。

一昨年には近くの知人から地元の畳表を分けてもらって、古い畳を表替えをしましたが、何とも言えないいい香りが部屋中に漂ってました。
畳表には部屋の二酸化炭素を吸収してくれたり、湿度を調整してくれたり、い草の香りに癒し効果があるとも言われています。
でも、性格様式が変わって、最近の住宅は和室や畳敷きの部屋が少なくなりましたね。

余談になりますが、い草のことを「ゆ」とも言います。
それで、こちらの慣用語?で「白江(い草の産地の地名)の田んぼ」という表現の仕方があります(若い人は知らない?)。
関西で言われている(死語かも)「風呂屋の釜」と同じ意味で・・「言(湯・ゆ)うばかりで、何もしない(出来ない)」と言う意味になります。
[PR]

by hirospace | 2006-07-24 20:19 | 登山 | Comments(4)  

Commented by kureyon at 2006-07-24 21:12 x
畳の表替え・・・?ってあったよね。
畳屋さんが家の外で畳の表替えをしていた・・・・
なんとなくその風景を思い出しました。
思い出したのは・・・畳のヘリを縫っているさぎょうかなぁ~
ひじをついて 大きな針を持って・・・・

い草の香りいいですね。
Commented by aturin88 at 2006-07-24 22:37
小松の辺りもい草の産地なのですか?
九州の柳川の辺りで沢山見られますが、とても綺麗ですね。
畳表が呼吸して湿気や温度調節をしてくれてる昨年知ったのですよ
畳替えして直ぐにカビが発生した時のことでした。

最後のお話楽しくてお勉強になりました。
Commented by mayaha at 2006-07-25 08:28
畳は新しいのが良いですね~いい香りで、毎年でも替えたいけど
なかなかです。大阪で普通に手に入るのは輸入品なのですね~
Commented by mif-yu1018 at 2006-07-25 11:02
イグサは、岡山・早島地区でも栽培されています。
先日も“イグサ祭り”がありました。

九州北部で栽培されているのは知っていましたが。小松市のことは、
知りませんでした。

<< ハスの花が開花 土用干し >>