稲の花


長い雨で、稲の生育が遅れているかも?と心配していましたが、例年通りのようで、
先日から、稲穂に2~3mmの白い小さな花が咲いているのが見られます。


穂の先が出始めてから、穂が完全に出るまでは1~3日かかります。
その間、穂の先端から順次花が咲いていき、1本の穂で稲の花の開花が始まって、2~3日かかります。
花は朝の9時ごろから始まって1~2時間で終わり、お昼ごろには開花が終り籾を閉じます。
花の命は短くて・・という言葉がありますが、稲の花の命がたった2時間というはかないものですね。

稲の場合、花びらにあたる部分がなくて、オシベとメシベを緑色の殻が直接つつんでいます。
この殻が開いて10~20分経つと6本の白いオシベとメシベが顔をのぞかせます。
伸びたオシベが花粉を撒き、メシベについて受精が完了すると、殻はオシベを外に残しすぐに閉じてしまいます。

今日のような、雨上がりの晴れて、そよ風が吹く日は受粉には最高の日のようでした。
そう~、この白い花粉が稲科アレルギーの人には厄介ものになるのですよ。


 雨粒が稲の葉で、可愛く輝いていました
[PR]

by hirospace | 2006-07-27 17:24 | 登山 | Comments(6)  

Commented by lazy_cat at 2006-07-27 18:58
ふーん・・なるほど。
良く観察したことは無かったのですが・・

家の前は田んぼです。明日、早速見てきますね♪

雨粒も可愛いですね。
今日はいいお天気になり、こちらも暑かったです。

ナスの辛子浸け・・したことも食べた事も有りません。
美味しそうなので、今度なすがたくさん出来たら挑戦してみますね^^

いつも、詳しい説明ありがとう^^
Commented by kureyon45 at 2006-07-27 22:02
雨粒・・・・・こんな写真を撮るのは一眼レフだよなぁ~
レンズ交換なし!手ぶれ防止あり!軽い 安い 使いよい・・・・
そんなカメラないかな~・・・・
Commented by mshin11 at 2006-07-28 13:44
hiroさ~んイネの講義有難うございました。
なかなかここまで見れないですよ。
↓のからし漬け美味しそう・・・私はここまでしないで
即席のからし漬けは塩もみしてからしと醤油を混ぜて
和えるだけ・・すぐに食べてしまいます。
御酢を入れてすると色が変わらないかも・・・
勉強してますね。
Commented by mshin11 at 2006-07-28 13:46
あっkureyonさん、手振れ防止の一眼レフはsonyから
7月に出ましたよ。
私とうとう購入してしまいました(笑)
まだまだ使い方の勉強です。
Commented by mif-yu1018 at 2006-07-28 19:30
稲の花も良く見ると可愛いですね^^

↓の辛子漬け、我が家はキュウリで作りました。
hiroさんのレシピを参考にさせていただきました。

ポイントは、塩付け後、甘酢につける!でした。
やっぱり、一手間かけたぶん 美味しかったです<m(__)m>
Commented by aturin88 at 2006-07-29 09:25
こんなに穂上してるのですか~?  早いような・・・
やはり寒さが早いからでしょうね。
でも此方も早場米は9月には稲刈りのようですが・・。
稲のお花もUPで見るときれいですね。 見過ごしてる物の多い事!

<< オニユリ(鬼百合) ナスの辛子漬け >>