安宅海岸の夕暮れと祭り



安宅の関所址のある「安宅ビューテラス」からの夕日は綺麗ですが、
今日も夕焼けは見られませんでした。

まあ、朝の強い雨が晴れて、地元の「勧進帳まつり」が無事に開かれたのですから、まだ良しとすべきなんでしょうが・・。


夕暮れ時を楽しむ家族連れの姿も見られました。


今は赤イカ釣りの最盛期で、夕暮れから漁船や釣り船が沖合いに出向いていきます。
日が沈む頃には等間隔に漁火が並ぶのも夏の風物詩になっています。


お祭りは夕方から、校下の園児たちの演奏や踊りなどが催されて、
夜には「よさこい演舞」やのダンスステージが繰り広げられます。

僕にはあまり理解できないのですが、若者から子供たちがラップ音楽?に乗ってレッグダンス、バタフライ、ヒップホップと得意の格好で踊っています。

昔ながらの、浴衣姿に輪踊りをしているところもありますが、若い人たちはこういう音楽とダンスに素直に体が動くのだと、志向の変化を感じていました。


後に続く、勧進帳の子供劇は地元の弁慶太鼓のリズムとのコラボが楽しめました。

小学生の1~5年生が ひと月練習をしたらしいのですが、弁慶、義経と富樫の問答シーンを上手く演じていました。


最後には東京から応援参加の太鼓打 魁(てこうちさきがけ)の見事なバチ捌きは最高の見せ場でした。


祭りが終わり・・海岸で花火を楽しむ夏の夜のひと時が過ぎていきました。
[PR]

by hirospace | 2006-07-29 23:01 | 風景 | Comments(2)  

Commented by mshin11 at 2006-07-30 07:42
すごいすごいこんな祭りがあるのですね。
夏はどこも祭り一色で、我家の地区で可愛い子供たちが
盆踊りで楽しんでいました。
↓の鬼百合の群生はすごいですね。
Commented by aturin88 at 2006-07-30 23:22
こんなお祭りがあるのですか?
安宅の関はお能にもあり有名ですが、賑やかで良いですね。
反対に静けさが漂う海岸と比べて・・面白かったです。

<< 伝馬船レース・ひみ オニユリ(鬼百合) >>