伝馬船レース・ひみ


その昔、氷見の海上の足は木造の伝馬船でした。
古い木造倉庫が並ぶ上庄川沿いの環境保全と、木造伝馬船の造船技術の伝承と理解を目的に、
建築廃材で30cmほどのミニチュアの伝馬船を作って、レースを楽しむ企画が出来ました。


参加登録をすると番号がミニチュア船の旗に記されて、レースの上位者には景品がもらえるというもので、観光案内所の友達にエントリーをしてもらっていたので見てきました。(1000艘も流されました)


川の流れが緩やかで、大半の船が途中で係留されているボート脇に引っかかたりして、進んでいなかったのですが、うまく本流に乗れた船は次々とゴールをして、氷見高校のブラス演奏の歓迎を受けていました。




ふら~と川沿いを散歩しながら漁港横の「海鮮館」にも寄って来ました。
夏休みでもあって、沢山の旅行者・買い物客で賑わっていました。

ブリのない次期だし、冬よりは魚の種類が少ないとも感じましたが、赤いかが目に留まりました。
魚介類が盛られた浜焼きセットを買って、表の炉辺で焼いて食べている人が沢山居ました。



僕は氷見名物のうどん・・「ぶっかけうどん」で手軽にお昼に食べて来ました。


梅雨明けも発表され、お天気も良くて海水浴客も沢山繰り出していましたが、
渚100選にも選ばれている景勝地雨晴海岸からはガスがあって、今日も立山連邦は見られませんでした。(冬の晴れた日が最高なんです)
[PR]

by hirospace | 2006-07-31 08:48 | 祭事 | Comments(3)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-07-31 15:03
30cmの伝馬船レース 沢山の方が参加され楽しんでおられますね~

浜焼セットは、何人前でしょう。 美味しそう。
Commented by kureyon at 2006-07-31 20:52 x
参加されたのですか?結果は?
氷見うどんは美味しかった 
でも かまぼこ・・・・値段の割には「?」かなぁ・・・・・・
Commented by tenpousen6 at 2006-08-01 16:17
気分は自分が旅行に行き売店を覗いていると言ったところです。いつもながら自分が行けないところを見せていただき有り難うございます。

<< フヨウ・ムクゲ 安宅海岸の夕暮れと祭り >>