琵琶湖から賤ケ岳・・余呉~今庄

醒ヶ井宿を後にして、長浜に向かう予定でしたが、西の空に夕日が綺麗に見えていたので、米原に向かいました。

琵琶湖に沈む夕日が見られると思ったからです・・。
ちょっと渋滞をしていたのですが、かろうじて間に合いました。
地元ではこのところ見られなかったのですが、綺麗な夕日が琵琶湖の西側に山に沈もうとしていました。
琵琶湖に沈むのも日本海に沈むのも大差がないように感じました。
それほと琵琶湖に近づくと、大きくて風もあって小さな波もあるからです。


湖岸道路から長浜に向かったのですが、海水浴の人で混んでいました。
でも、岸辺にたくさんの人が陣取っているので、尋ねてみると長浜の花火大会があるということでした。

今年は大きな花火大会を見ていないので、ちょうどいいかな?と思って、駐車場所を探しましたが、すでに一杯で、近づくにつれて渋滞していたので、キャンプ場に入れました。


沖には花火見物をするために観光船も停泊していました。

カメラをセットして、打ち上げを待ちましたが、写真と撮るにはちょっと遠過ぎました。

手で持って写したものはぶれていて写真になっていませんでした。


長浜で宿を探していたのですが、前日では取れないわけが分かりました。
夏休みの土曜日と海水浴?シーズンに花火大会があれば、問題外でした。

花火を途中にして、食事をすると9時近くになったので、木の本近くの日帰り温泉(湖北リゾート)に行きました。
混んでいるかな?と思ったのですが、10時で閉館なので、空いていました。
ここ施設は立派なんですが、温泉所に住んでいるので、入浴料が1200円というのが、すごく高いと感じるので、近くを通ってもあまり利用しないのですが、今日はゆっくり出来て値打ちがありました。

大きな駐車場なので車を止めて、一人旅なので、ここで仮眠をして夜明かしすることに決めました。
車にはTV(ナビ)も冷蔵庫も簡単なコンロも乗っているし、近くにコンビにもあるので、窮屈なことを除けば不便はありません。
山登りをするときは現地に夜中に着いて、朝待ちするのがいつものパターンです。


11時ごろに寝付いたのですが、4時ごろには薄明るくなって目が覚めました。
賤ケ岳(しずがだけ)に登って、山の上から奥琵琶湖の風景を撮ろうと思っていたので、夜が明ける5時まで待ちました。


1.5kmの登りなら、1時間もあれば登れるだろうと思いましたが、古戦場の跡なので何となく薄気味が悪い感じもしながら登りました。
途中、ガサ~と音がしたので、まさか!と思いましたが、黒い獣が熊笹の中から飛び出して行きました。
クマ?イノシシ?・・60cm位で色形からは小熊だと思いました。(この山にはクマに注意!の看板はありませんでした)
降りようか登ろうかと迷いながらも、早足で登っていました。
後になれば、写真を撮っておけばという気もしましたが、その時はそんな余裕なんてありませんでした。(笑)


40分ほどで、頂上近くの碑に着いて、お参りをしました。
賤ケ岳の古戦場は羽柴秀吉と柴田勝家との戦いで、織田信長死後の主導権を巡る織田勢力を二分する戦いで勝家は敗れて越前に逃げました。
羽柴軍の加藤清正など槍の名手七人から「賤ケ岳の七本槍」と伝わっています。


頂上からは南に奥琵琶湖の景観が見られるのですが、朝もやがかかっていました。

南には天女羽衣伝説のある余呉湖が見られます。


余呉湖はこの湖に流れ込む川も出る川もないのですが、いつも碧い水を満面に溜めていて国民宿舎もあって、湖をサイクリングする人や釣り人に人気のあるところです。


余呉町から旧北国街道に入って、栃の木峠を越えれば、越前国に入り板取宿に着きます。


小さな宿場ですが、江戸時代には関所があって、出女・入り鉄砲を厳しく取締りをしていたところです。



この関所を越えれば今庄宿に着きます。
昔から交通の要所で、北陸からは敦賀へ抜ける道と木の本に抜ける道があって、宿場として賑わったようです。
北陸線も昔はここで山越えをするために機関車をスイッチバック(切り替えし)をしていました。
北陸線旧敦賀トンネルでは大きな列車事故があって、今は新しいトンネルが出来て、旧トンネルは道路として使われています。
[PR]

by hirospace | 2006-08-08 19:59 | 旅行 | Comments(6)  

Commented by kureyon at 2006-08-08 21:19 x
ステキな時間を過ごされたのですね。
羨ましいなぁ~
Commented by tenpousen6 at 2006-08-09 11:02
今回も自分が旅行に出たような気分で見せていただきました、有り難うございました。
Commented by takako at 2006-08-09 11:55 x
夕焼け、夜そら、朝やけ などはやっぱり ホテルや朝ご飯を楽しんでいると見る事が出来ません。ここと決めた所で岩に腰掛けて インスタントのみそ汁なんか持っているといいですよね。一番の贅沢だと思います。
いいな。 羨ましい。
Commented by mif-yu1018 at 2006-08-09 20:06
うっそうとした古戦場、、、身震いしました^^
関所 時代劇をみているようです。
hiroさんの行動力は素晴らしいですね。
Commented by mshin11 at 2006-08-10 08:30
素晴らしい夕焼けが撮れてよかったですね。
自分が一緒に旅行できたようで有難うございました。
Commented by のの ☆ at 2006-08-10 22:05 x
一人旅だと 自由に動けていいですね~ 空の写真がすごく美しい!
去年の秋に肺炎で入院した時 病室から空の移り変わりを見るのが楽しみでした 朝焼けも病院からだと 真っ赤から金色に変わる様子が素晴らしくて ひろしさんの朝焼けの写真を見て思い出しました
伊吹山旅行を満喫されたようで何よりです 秋の登山の予定も もう今から考えていらっしゃいます??

<< ミョウガの花 醒ヶ井の梅花藻 >>