風の盆・前夜祭


普段は静かな坂の町 越中・八尾に二百十日の風が吹くと、町は「おわら」一色に染まります。

格子戸の旅籠、土蔵、造り酒屋が軒を並べる静かな坂の街に雪洞があがり、
明かりが灯る頃になると、どこからともなく聞こえてくる三味線、胡弓、太鼓の音、
それに合わせて哀調を帯びた唄声が流れてきます。



9月1日からの三日間の本番前に先駆けて、8月20日から30日まで各町内が練習を兼ねて、
自分たちの気持ちを盛り上げるために11日間のプロローグを重ねます。

胡弓の音色の魅力に惹きつけられて、(本当は女性の姿かな?)もう何年も続けて、この祭りだけは欠かしたことがないのです。
 
最近の混雑の仕方は尋常ではなく、本来の風情が楽しめなくなって、前夜祭に行っています。
その前夜祭もツアーまで組まれて、昔の本番ほどの混雑になって来ました。

本番の舞台踊り

毎年、もう来年は来ないぞ!と思いながら、時が巡って来ると、何のためらいも無く足が向いてしましまうのも、魂を揺さぶる「風の盆」の音色と踊りの魅力だと思います。

お気に入りのポスター
[PR]

by hirospace | 2006-08-25 21:26 | 祭事 | Comments(5)  

Commented by kureyon at 2006-08-25 22:34 x
各旅行社のツアーはこの時期絶対に「風の盆」が入っていますね。
ツアーでは、見られない・感じられない「風の盆」に、触れてみたいものです。
Commented by mshin11 at 2006-08-26 09:23
一度でいいから風の盆を見に行きたいのですが、混雑になると
思うと躊躇してしまいます。
今回はレンゲショウマを見に御嶽まで行ってみようと思ってます。
Commented by mif-yu1018 at 2006-08-26 09:33
風の盆の魅力、是非一度見たいものです。

行ってみたくなるような ポスターですね(^_^)vV
Commented by takako at 2006-08-27 13:12 x
『風の盆』 写真で拝見しても引き寄せられるような不思議な美しさがあります。 魂が引きよされてみんな風の盆に行くのですね。
踊る人の指先まできれいです。
Commented by micho7 at 2006-08-27 19:39
魂を揺さぶる「風の盆」、私も一度は見てみたいと思っています。
演舞場で見る以外、町なかでは見られないのでしょうか?
写真を見ると、ますます心惹かれます。

<< 西穂高に行ってきました ニラの花 >>