西穂・・・つづき

ガスが晴れそうもないので、諦めて行ける所まで・・と、思って登り始めました。

そんなに急な登ぼりもなかったのですが、5m先も見えなくて、前の人を目印に歩きました。
1時間半ほど登ったでしょうかガレっていて、道も細くなりました。


どうやら、上から声がするので、独標(2700m)に着いたようです。
風が出てきて、衝立のような山が時折顔を見せるのですが、晴れません。

最後は急な登りで、○と→の印をたよりに、登りました。
ガスの中で、しばらく待っていてのですが、諦めて下りることにました。
後で、気がついたのですが、最初から晴れていたら、登れなかっただろうと思います・・?

30分ほど下ると、雲が切れて、独標と後ろの西穂高が見えてきました。
あの岩場を登る人が列を作って、頂上にもたくさんの人が立っています。

西穂高の頂上にも4~5人の人が立っていました。(すごい!)
何故、晴れていたら登れなかった?というのは、実は高所恐怖症で急斜面や鎖場などは登れないのです。(そんな者がどうして、登山をしているのでしょうか?怖いもの見たさ?)

でも、何度か体験しているうちに、その高さに慣れることで、立って歩けるようになりました。
最初は這って歩いたこともありました・・。
こんな岩場は、僕には所詮登れないのであって、独標で引き返して正解でした。

雲の上に顔をのぞかせる乗鞍の山並み、手前には大正池の後ろに見える活火山の焼岳が見えます。

下から、たくさんの人が登ってきます。
もう少し、遅くに山荘を出たら良かったのかとも思いましたが・・。

この素晴らしい景色も、振り返ってみれば最高ですが、いきなりでは躊躇したかも知れません。

途中の丸山からは下界に上高地の梓川や帝国ホテルの赤い屋根が見えました。

山荘に戻って、荷物をまとめて、登ってきたロープウエーのある新穂高ではなくて、上高地に下りることにしました。登山口で下山届けを出します。

ロープウエーの西穂高登山口駅(右)と山荘(左)が下に見えます。
 奥は手前の山が焼岳で奥が乗鞍山頂です


下りだから楽に思っていたのですが、滑ったり足が疲れで踏ん張りが利かなくなって、躓いて転んだりしました。

帝国ホテルの屋根が近くに見えてきたので、もう直ぐだとおもったのですが、2時間余りかかり12時になっていました。登山口で下山届けを提出。

梓川に向かうと、ちょうど上高地の田代橋のところに出てきました。

さすがに、夏休み最後の日曜日とあって、混雑していました。
梓川の川辺でお弁当を食べて、汗をぬぐいました。

一番賑わっている河童橋には行かずに、バスターミナルに向かって平湯行きのバスに乗りました。
「ひらゆの森」の温泉に入ろうと思ったのですが、着替えを車の中に置いてあるので、諦めて新穂高の駐車場に向かいました。

新穂高に新しい日帰り温泉施設が出来ていたので、そこに入って汗を流してさっぱりしました。
両膝はサポーターをしていたので大丈夫なんですが、今日は筋肉痛とまた腰痛がひどくなって、腰が伸びなくてお年寄りのような格好で歩いています。
[PR]

by hirospace | 2006-08-29 08:04 | 旅行 | Comments(7)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-08-29 15:09
すごいガスですね。前の人を頼りに足元に気をつけながら。
ほんとに山が好きなのが、写真をみてよく分かりました^^

刻々と変化する山の様子を見せていただいてありがとう_(._.)_

腰痛 これ以上悪化しないように お気をつけくださいね。 
Commented by tenpousen6 at 2006-08-29 16:15
お疲れさまでした。苦労されて登っていただいたのでこのように良い物を見せていただき有り難うございました。願わくばやはり山は晴れているのが良いですね。
Commented by maikasati at 2006-08-29 16:55
hiroさん 素晴らしい景色を ありがとうございます。
この前行った 乗鞍が 下の方に 雲に隠れているのですね!!
本当に自然が大好きな hiroさん よくわかりますよ^^行きたいけど 歩けない~トホホ!!
知ってる名前が出てくると 嬉しいものですね!!
('-'*)ふふ 高所恐怖症で急斜面や鎖場が 登れないて ウソでしょう(笑)
こんな急な岩場を 登られるのですから、山男ですね!!
いけない所を 見せてもらい 清々しい気分になれました、ありがとう~
Commented by mayaha at 2006-08-29 20:03
ロープウェイで行けるとは言ってもやはり岩の殿堂穂高ですね~
ぐるっと周りの山行ってるけどここだけは行っていないのです。
やはりいいですね~~ちょっとガス気味がまたいいです。ありがとうございました。
Commented by のの ☆ at 2006-08-30 01:11 x
遅ればせながら・・お帰りなさい♪お疲れ様でした すごい山なんですね~ いい写真をいっぱい見せていただきました 見ながら自分も登ってるような感覚になってしまいます(*^.^*ゝ 私も挑戦してみたいなぁ。。ひろしさんは3回も登ってるんですね すごいですね!
これだけハードだと 足腰にかなりの負担がかかってるんでしょうね 早く 良くなるといいですね 噂には聞いていたけど ホントにすごい岩山って感じだなぁ。。。私は足がすくんでしまうかも~
Commented by kureyon at 2006-08-30 23:02 x
とっても ワクワクする所ですね。
このワクワク感が人を冒険家にするのでしょうかねぇ~
冒険家なんて ちょっと大袈裟?
でも 私にとっては 山へ行くこと自体が冒険なんですよねぇ~
 
Commented by takako at 2006-09-03 17:44 x
凄い。
この崖にへばりついて歩くのは震えます。
頑張って いい思い出つくりましたね。 頑張るしか無いと教わりますね。 来年行けるか どうか解らないと思います。
いい写真ですね 山に行きたい虫が 疼きます。

<< 西穂の花たち 西穂高に行ってきました >>