稲刈り

近くの田んぼで稲刈りが、先日から始まっています。
来週辺りが、こちらでは最適な時期だと言われていますが・・。

7月はお天気が悪くて、穂の生り方が少なくて心配されましたが、
8月はお天気が続いたので、実の入り具合は良さそうで、作柄は平年並みとされています。

加賀平野の一部になるのですが、田んぼ一面が黄色く色づいて、黄金色に輝いた穂が垂れ下がり実りの時期を迎えると、農業に携わっていないのですが、何か嬉しい(安心な)気持ちになれます。

日本の食料自給率は40%だと言われています。
フランス、米国、ドイツは先進国の中でも100%を超えています。
お米の自給率だけは95%ですが、最低でもこの線は確保して欲しいものです。

友人の家では3年前から、全部人に頼んで作ってもらっていると話していました。
息子さんが農業を継がずに勤めに出ているために、一人では作れん!と付け加えていました。
ある時期までは手伝ってくれていたようですが、キャビンになってエアコンとコンポが付いた耕運機でないと、仕事をしてくれないので、1000万以上も出して購入したけれど、2年と続かなかったらしいです。
日本人のお米を食べる量が減ったことに原因があるのでしょうが、米価が下がって採算が合わないと言うのも、背景にはこんな原因も一部にはあるのでしょうね。
ブランド米は別としても、少し高くても食品の中でお米代は安いと思います。
いつだったか冷害で海外米を調達したときもありましたが、安心して食べられる美味しい国産米の安定した生産体制が望まれます。
[PR]

by hirospace | 2006-08-31 10:27 | 登山 | Comments(1)  

Commented by mif-yu1018 at 2006-08-31 20:07
稲刈り 始まりましたね。
黄金色の稲穂を見ると、暑い日があってこそと思えます。

コンバインがそんなに高いのですか。
1年にこの時期だけ使用だと、採算が合わないですね。

<< ひょうたん 西穂の花たち >>