石造りの古い橋



地元・粟津温泉のはずれにある那谷寺から山に入っていくと、滝ケ原というところがあります。

  この橋だけが、後に改修されて今も普通車が通れます
北陸では名が知られた石(滝ケ原石)を産出しているのですが、
かなり掘り尽くして石材が少なくなり、人手が少なくなったので最近は僅かしか切り出していません。
それに、安い中国産の御影石が建築や墓石にも使われるようになったのも、高い国内産の石材が使われなくなったのも原因です。


明治の頃に作られたアーチ型の石橋が今も5箇所ほど残されています。
昔はは多くの職人や運搬車が通っていた橋でしょうが、今は通る人もなく夏草に覆われて、当時を偲ばせる姿だけが見られます。

鞍掛山に行くときに、年に1~2度通るですが、タイムスリップした感じがして好きなところです。
[PR]

by hirospace | 2006-09-02 17:59 | 風景 | Comments(3)  

Commented by のの ☆ at 2006-09-02 18:39 x
お盆休みに粟津温泉に行ったので 翌日は那谷寺に寄りたかったんですが 家族全員に却下されて残念でした その近くにこんな素敵な場所があったんですね~ 家族行動では なかなか 色んな場所に行けないです その後 お体の調子はいかがですか?登山の後遺症は治りました?私は白山登山の翌日から1週間はひどい状態でした(*^.^*ゝ
秋の登山の計画は立ててます?今度は どこに行かれるのか 楽しみにしてます♪私も調べてみようかなって思ってます 
Commented by maris41 at 2006-09-02 20:20
石の立派な橋ですね。
何年ぐらい経っているのでしょうね。
何だか懐かしい感じがします。
今の時代にはこういう橋は保存していて欲しいですね。
Commented by mif-yu1018 at 2006-09-03 08:00
落ち着いた静けさが石橋で深みを増していて、
こんな所でゆっくりしたいものです~♪

上から3番目が特に良いですね。

<< ちょっと秋色 ひょうたん >>