高野槙

悠仁さまのお印に日本固有の常緑高木「高野槙(こうやまき)」が選ばれました。


和歌山県・高野山に多く生えていて、「高野六木(りくぼく)」の一つで、神聖な木として枝はお土産用に売られています。
成長すると3~40mの大木になり、杉に似ていますが、葉は柔らかくて丸みがあります。


こちらの林業試験場にも2本ありますが、直径が40cmほどで、それほど大きい木ではありません。
これまでは目立たない木でしたが、これを期にしばらくは見に来る人も多くなるでしょう
林業試験場の人が表示板が古くなっていたのでと、早速付け替えていました。


悠久という言葉が好きですが、高野槙のように健やかに成長されるといいですね。
[PR]

by hirospace | 2006-09-13 14:17 | 草花 | Comments(2)  

Commented by tenpousen6 at 2006-09-13 17:35
確か遍路で四国に行ったとき見たような気がします。当分話題に上る木になりましたね。
Commented by takako at 2006-09-17 08:36 x
ひろさんに木について教わりますね。
山に行っても木が読めないです。松とか杉とかは区別ができますが、、、図鑑を持っていつも木を見上げますが、、、
なかなか区別が出来ない。
高野槙。 確かには記憶がないのですが、葉の付きかたが特徴があるみたいですね。 何処の日本庭園に 行ったら見る事が出来るかなと思います。見てみたいです。

<< カツラの黄葉 安宅祭り >>