つるし柿


市内の山間地・瀬領町にある「せせらぎの郷」に今年も軒先に「つるし柿」が下げられて、天日に干されました。

地元の人たちが渋柿の皮をむいて、2mほどの縄に16個ずつくくり付けてあります。

2週間ほどすると、ちょうどいい甘さに仕上がります。

23日に開催される「紅葉まつり」に8個入りで300円程度で販売されまが、
この施設は地元の特産品の販売や温泉もある地域のふれあい施設になっています。
[PR]

by hirospace | 2006-11-01 21:52 | 風景 | Comments(4)  

Commented by tenteten at 2006-11-01 23:48
すご~~い!こんな風景、見た事ないです
なんか とってもいいですね。季節感があり、どことなく懐かしい風景
子供の頃、母が作っていました。
出来上がるのが待ち遠しかった事思い出しました・・
Commented by mshin11 at 2006-11-02 19:43
わぁ~いいなぁ^近くだったら買いに行きますよ~
大好きな干し柿・・・それも堅くなる前のが・・・

すごい風景ですね。
Commented by kureyon at 2006-11-02 21:06 x
大好きなものが・・・・・
おばあちゃんと奪い合って食べていました。
お日様の暖かさがいっぱいはいってるんですよね。
渋くて食べ辛いものなのに こうすると美味しくいただけるなんて・・・
誰が考えたのでしょうね。昔の人たちはすごい!
Commented by mitiko-aran at 2006-11-03 07:14
おはよう、
柿のれん綺麗ですね、こんなに沢山の干し柿

凄い!安いですね、8個300円なんて!信じられないです、
一個で、300円は、しますよ、私も、近くだと、買いだめして、
冷凍にするわ、毎年、30個位は、干し柿にしますけど、
今年は、渋柿が手に入らなくて、残念だわ、
カチカチの前のトロリ~と、した所が甘くて美味しいのよね

<< 日の出 コケ採り(キノコ狩り) >>