イチョウのじゅうたん

毎年、この時期に訪ねている村はずれの小さな神社ですが、
境内一杯にイチョウの落ち葉で色づいて、季節の風情を感じさせてくれて好きな場所です。


去年はもう少し遅かったのですが、ちょうどカサ~と音を立てながら落葉しているところに出会えたのですが、今年はすでに大半が散ってしまって、冬の雨に濡れて、重そうに重なっていました。


大阪に住んでいた頃は御堂筋の銀杏並木や大阪城公園の並木が色づくと、たくさんの人が秋の日の下で散歩をしている風景を見ていました。
この村社では、訪ねる人も無く、陰と陽の違いを強く感じさせられました。


このイチョウが落葉すると、村に雪が来ると知らせてくれるという話を聞いたことがありますが、
この日も薄っすらとですが、辺りの山や家の瓦に雪が残っていました。
[PR]

by hirospace | 2006-12-05 08:39 | 風景 | Comments(3)  

Commented by mitiko-aran at 2006-12-05 11:34 x
本当に、銀杏の絨毯ですね、子供の頃に、神社の境内に
母と、ギンナン拾いに、行った事を、懐かしく、思い出しました、
お掃除が大変でしょうが、見る者には、
素敵ですね、最後の写真、誰も歩いた様に、見えませんね、
サクサクと、歩いてみたいです。
Commented by mshin11 at 2006-12-05 20:01
銀杏の絨毯が綺麗ですね。
木で葉を見るのもいいですが、こういう散ってしまった葉をみるのも
いいですね。
Commented by maikasati at 2006-12-06 11:39
ひっそりと 静かな 光景が 目に見えます。
銀杏の絨毯も綺麗ですね~!
御堂筋 気になっていたのですが 行けませんでした。
来年は 銀杏並木を 撮りに行きたいです。

<< 加賀の冬の漬もの 山は雪化粧 >>