クリスマスのイルミネーション

この時期の流行りものとして、話題になっていますが、僕も先日から、通りがかりに撮影したものがあります。


特に、新興の団地では年々豪華さをを競い合うようにデコレーションされているところがあります。
先日、大阪の箕面の友人宅の近くで見たイルミネーションも豪華でした。

メディアでも放送されたようで、見学に来る人も多いと話していましたが、それなりの価値はあるように感じました。
設備に200万もかかったそうです、電気代もかなりかかるでしょうね・・。
まあ、そんなものが気になるようでは到底出来ませんから、僕とは違う世界のお宅なんですね。


こちらは家の近くのカナダ人の建築家のお宅で、何回か掲載もしましたが、照明だけでなくて、本国から取り寄せたと言う飾り物も素晴らしくて賑やかでです。


これに刺激されて、この団地も大掛かりなものから小さなものまで、チラホラと見られましたが、この程度なら何処にでもありますね。



特別なイルミネーションがなくても、人は暗いところで生活するよりも、明るくて暖かいところで生活できることが幸せですね。
そして、心の小さな灯火も消さないようにしたいものですね。
[PR]

by hirospace | 2006-12-14 12:51 | 祭事 | Comments(2)  

Commented by mitiko-aran at 2006-12-14 13:05 x
年々派手に成るとテレビで言っていましたけど、
こんなに電気を、使って、火事は大丈夫なのかと、
心配に成ります、個人の自宅だとは信じられない
豪華さですね、広島では、木に少しのイルミぐらいですから、
私も、見学に行きたい位、ゴージャスですね、
如何してかしら?綺麗だな~~ぁの、裏側で
空しいの気持ちが有ります、暖かい心の灯火では、満足出来ないのでしょうか?
Commented by maikasati at 2006-12-25 19:10
何処かで見た イルミネーション☆①② 箕面だったのですね。
神戸へ来られて 大阪のお母さんに会って 箕面と 行動範囲が広いですね。
何日此方の方にいたのですか!?
撮られた枚数も多かったのではないですか!?
hiroさん もし 関学に入っていたら 関西に 住んでいたかもしれないですね。

<< あまごの甘露煮 道頓堀 >>