歳末の近江町市場風景


金沢市民の台所として、昔ながらの対面販売と鮮魚類や野菜の品数の多さには定評があって、現在では金沢観光に来た人が買いに立ち寄られることも多いところです。


年の瀬になると、お正月用品の買出しで賑わうところですが、今日は平日でもあって観光客は少なくて、それほど混雑もしていませんでした。


カニのシーズンですから、店頭には大きなズワイとコウバコが並んでいましたが、
昨日氷見で寒ブリがたくさん水揚げされていたので、店先には「地ぶり」「天然ぶり」という表示が目立ちました。
また、この時期に人気の鍋に使うタラやアンコウもたくさん並んでいました。


僕が寄った目的がブリ大根にするアラが欲しかったのですが、そんなものは並んでいませんでしたが、店員さんに聞くと、切り身を買ってくれたら、アラもあげるよと言うので、小ぶりのものを刺身と塩焼き用にしてもらいました。
天然もののアラでブリ大根を炊けるのも嬉しいなあ~。


お正月用の塩数の子や蒲鉾などもたくさん並んでいました。


また、お正月の花や飾りのお店も混雑していましたが、ここに来ると、お正月が近いと実感しました。

買ってきたブリのアラを使って、今夜はブリ大根をじっくりと作る予定です。
この時期恒例のこの料理だけは自分のこだわりで、家内にも任せられません。
[PR]

by hirospace | 2006-12-27 19:37 | 風景 | Comments(1)  

Commented by mitiko-aran at 2006-12-29 07:33
おはよう!この風景を、見ると、心が焦ります、
私も、今日、明日と、買い物デーです、
いいですね、此処だと、全部揃いますし、
新鮮ですね、鰤大根、大好きです、コラーゲンタップリで
お肌にも、いいのよね、冷たい鰤大根が好きです、

<< ちょっぴり雪景色 初霜と初雪 >>