あの日から

神戸淡路大震災が起きた日から、もう12年の年月が経ったのですね。

神戸から300kmも離れている所に住んでいても、あの夜明け前の激しい揺れに目が覚めました。
やがて、神戸で地震が起きたと言うことが分かり、時間の経過とともにその被害の大きさを知ることになりました。
僕の実家は大阪にあって、何の被害もありませんでしたが、無事だと言う連絡が着いたのは夕方でした。
僕が生まれた神戸市灘区は大変な被害を受けていて、子供のときに世話になった方も倒壊した家の下敷きで亡くなられてしまいました。
年に一度は神戸に遊びに行ったり、ルミナリエにも行きましたが、その跡を見ることもなくなりましたが、今でもその被災に苦しんでいる人も居られのですから、思い起こせば胸が痛みますね。
災害は忘れた頃にやって来ると言われますから、日頃から認識して備えることも大切ですね。

今日は時雨れていますが、気温は高めです。
この週末は大寒ですが、暖かい日が続いています。

昨日は気温が13℃まで上がって、3月下旬の陽気でした。
近くの河川敷から見える白山も日を浴びて鈍く光っていました。

川面も日差しがキラキラと照り返して、日向ぼっこをしていても、気持ちが良かったです。

[PR]

by hirospace | 2007-01-17 20:23 | 風景 | Comments(3)  

Commented by kureyon at 2007-01-17 22:26 x
震災で人生が変わった・・・・
でも 生きていてよかった!そう思える日。
亡くなった方々のご冥福をお祈りしています・・・・
Commented by aturin88 at 2007-01-18 09:29
画像はキラキラと長閑で、小春日和を感じさせてくれます。

阪神の震災からもう12年経ったのですね。 早いです・・・。
夫の会社が灘区で大被害を受けました。
揺れがそちら側まであったのですか? それほど大きな揺れだったのですね。 年々悲しみが大きくなると言われてた方の言葉が悲しいですね。
Commented by maikasati at 2007-01-18 23:57
白山雪がないように見えますが 日を浴びているからかなぁ~!

身近な方が 亡くなられたのですね、私の方も 東灘で 従兄弟40才でした。
6434人の人生 そして 助かった人の人生 もしも~~と思う事が
12年経ってもあります。
復興住宅で 年を取られる人のお話を聞くたび まだ復興は終わってないです。
これから福祉がいるのに 切ってしまうなんて 弱者を 苦しめないで欲しいですね。

<< 憩いの森 かき餅 >>