いかなごのくぎ煮

梅や桜の開花で季節を感じるのもいいですが、
フキノトウやタラの芽を見て、料理して季節を味わう楽しみもあります。
また、富山湾でホタルイカ漁が始まり、能登や若狭ではイサザ漁も春の風物詩です。

そして、この時期に、いつも明石のお友達から「いかなごのくぎ煮」を送って頂いています。
今年は暖冬の所為で?不漁のようで、少ししか手に入らなくて・・と話されていました。

お店でも売られていますが、お母さんがこれを炊いて、お友達に喜んで頂くのが楽しみの一つと言われるだけあって、ちょっと生姜が効いて砂糖と醤油の味加減が絶妙な仕上がりになっています。
僕は「いかなごのくぎ煮」を暖かいご飯の上に載せて食べるが大好きで、これを頂くと本当に春が来た!という思いを体で感じます。
[PR]

by hirospace | 2007-03-20 20:44 | 料理 | Comments(4)  

Commented by ほたる at 2007-03-21 03:20 x
ひろしさん、今日は来て頂き、ありがとうございました。
いかなご…此方では小女子(こうなご)と呼びます。今年は、後半海が荒れて、獲れなかったようですね。
私も友達が加工業に勤めていたり、知人からも、毎年頂くのですが、暖かいご飯に乗せると最高ですね。じゅるっ。あまりに美味しそうで涎が。。
はしたないですが、少しお腹を壊していまして、うどんや粥しか食べておらず、美味しそうな食べ物に飢えているのです。お許し下さい。
Commented by mshin11 at 2007-03-21 08:30
hiroさんご無沙汰~
少々風邪でダウンしていました。

このいかなごが出始めると春ですか?
以前戴いたことがあります。
カルシュウムいっぱいで美味しいですよね~
Commented by aturin88 at 2007-03-21 23:09
こんばんは~♪
hiroさんもやはり戴かれてましたね。
我が家も兵庫から送ってきました。
UPしてたところです。  不漁と聞きましたね。
大きさも取れるところで違うようです。
美味しいですよね。  本当に春~!の頂き物です。
Commented by takako at 2007-03-22 07:32 x
いかなごのくぎ煮 だんだん貴重な食べ物になっていますね。おすそわけと言われて少しいただいたりします。私たちの海は小さい魚が少なくなってきているらしい。ショウガが入っているのは子供のとき食べた事が無かったから、またまた新鮮に感じます。写真はいかにも美味しそうですWWW。

<< 信楽の狸 月ヶ瀬へ観梅に >>