ギフチョウに会えた


年に何度か登場する十二ヶ滝の桜も今が見ごろです。


近くに、水芭蕉の自生地があるのですが、花が少しずつ顔を出し始めました。
先日、アップした公園のように整備されたところでなく、雑然としていますが、これが自然の風景です。


もちろん、他の山でも、戸隠・奥裾花や尾瀬のように沼に咲いているところもたくさんあります。


ここを歩いていると、数匹のギフチョウに会いましたが、黄色と黒の縞柄と赤のポイントがお洒落な蝶ですね。

ギフチョウは大きくて(5cmほど)停まってくれるときが多いので、写真には撮りやすい蝶です。
絶滅危惧種として保護されていますが、中部圏のカタクリの咲いているところで見る機会が多いです。

ギフチョウはカタクリの蜜が大好物で、カンアオイの葉の裏に卵を産み付けたり、食用にしています。
[PR]

by hirospace | 2007-04-13 08:09 | 風景 | Comments(4)  

Commented by mayaha at 2007-04-13 10:32
やはり北陸は自然が豊かですね、私もギフチョウを見たのは福井県が
初めてでした。なかなかこんなにきれいに撮れません。
Commented by mshin11 at 2007-04-13 10:36
hiroさんお久しぶりです。
京都へ行ってました。
自然なお花たちが素晴らしいですね~
作られたところより最近はこういう自然な所が好きになりました。
でも、なかなかこういうところが都会にはありません(~_~;)
Commented by takako at 2007-04-13 13:12 x
ひろしさん。水芭蕉の咲く場所って数回見せて頂いているからそのイメージが瞼にありますが、一回ごとに違う表情が自生にはあります。こんな風に自生して咲いているんだと思ってもまた今回も目新しく見せて頂きますねぇ。去年と同じ佇まいではないという事が自然なんですかねぇ。
ゆったり艶やかなギフチョウですね。花と蝶 きれいです。
Commented by maikasati at 2007-04-17 14:48
こんにちわ~☆
十二ヶ滝は 去年行った時は こいのぼりが泳いでいた 滝ですよね。
桜も綺麗ですね。
自生の水芭蕉に あってみたいです。
カタクリも 見れる所が 多くて 羨ましいです。
ギフチョウ 綺麗な蝶々 カタクリノ花とセットで いいですね。

<< 菜の花は・・ 城跡に咲く桜・白花タンポポ >>