麦の青

昨日に続いて、今日も夏日になりました。
お仕事から帰って、こんな感じの模様がある缶をプシュと開けて、グイっと飲むのが楽しみにしておられる方もおられるでしょうね。


木場潟公園近くには大麦の畑が広がっています。
田植えが済んだ水田の横にある、麦畑に今年も穂先が大きく広がってています。
麦の穂の形って、本当にビールメーカーの商標の形をしていますね。

でも、この辺りで植えられている大麦はビール用の二条大麦ではなくて、六条大麦で麦茶や炊飯用に使われています。
米の減反によって大麦の作付けが増える傾向にありましたが、場所によっては稲作に戻っているところもあります。

北陸地方では福井県が生産量が多いのですが、加賀地区では県内の70%近くが作られていますが、それでも、大麦の消費の90%が輸入で賄われています。

この時期になると、風に新緑の穂が揺らいで初夏の輝きが見られます。
麦畑の場合は新緑というより「麦の青」という表現があるのですが、好きな表現だと思っています。
石川啄木の「一握の砂」や長塚隆節の「隣室の客」など、また柳田国男なども「麦の青」という表現を使っています。
初夏の日差しをいっぱいに浴びて6月になると、黄金色に輝いて収穫の時期を迎えます。
それが、また「麦秋」と言われる表現も好きなんですね。


あぜ道にコバンソウ花穂も小判というより、提灯のように垂れ下がって、風に揺れていました。
[PR]

by hirospace | 2007-05-09 19:19 | 風景 | Comments(4)  

Commented by kureyon at 2007-05-10 08:34 x
この風景、大好きです。
緑色がほんとうに綺麗ですよね。
私の住んでいるところでは麦畑は見られません・・・・

プシュ!の麦ではないのですね・・・フフフ・・・
Commented by mitiko-aran at 2007-05-10 11:18
麦を見たのは、数年ぶりです、懐かしいです、
麦の穂が風に揺れてる姿って!サワサワ~してて、好きです、
コバンソウも今年は探しましたが、見つける事が出来なくて、
ここで始めてみました、昨年は有りましたのに、
このコバンソウは赤が混じってて、可愛いですね
Commented by maikasati at 2007-05-10 15:28
何処まで見ても 麦畑で 凄いですね~!!
成る程 お茶の麦の方なんですね!!
麦畑は珍しいです、こちらの方では 見た事がありません。

コバンソウも 大量ですね、もっと平たいと 思ってました。
種類が違うのかなぁ~!
Commented by goldpony767 at 2007-05-27 19:49
コバンソウ ここで取り上げて見えますね。5月9日ですね、其の頃私も気がついていたのかな? 

<< 藤の花 馬曲温泉・野沢温泉・・ >>