曳山子供歌舞伎

今日から15日まで、市内は菟橋神社・日吉神社の春季例大祭「お旅祭り」に入りました。


  (当番でない残りの6町の曳山はそれぞれの町で展示されています)
初夏の風物詩として、徐々に全国に知られるようになって来た「曳山子供歌舞伎」が演じられます。


小松市は1640年三代目加賀藩主・前田利常が隠居して小松城に入ってから町が繁栄しました。
利常は美術工芸や茶道などに造詣が深く、主な産業の絹織物も保護奨励をしたので発展していきました。
加賀絹の生産がもたらした豊かな経済力が、江戸中期以降の「曳山子供歌舞伎」に代表される「町人文化」を大きく開花させました。
以来「お旅祭り」は350年の伝統をを受け継いでいます。


「お旅祭り」は両社の神輿が多彩な神具に飾られて、小松城に赴いて前田家の武運長久を祈願するのが恒例で、大獅子や多数の子供獅子を従えて町内を巡業するところから由来しています。


見所の子供歌舞伎は絢爛豪華な曳山の上で、当番町(2町)が前夜祭をあわせて昼夜十数回演じます。
義太夫は本格的に義太夫協会から来られて、はやし方は若連中が演じています。

演じるのは、その町に住む家の小学生の女の子だけですが、旧市内は特に少子化が進んで今は町外の親戚から出られるようになりました。

(出番を待つ子供・役者たち)
当番の町で、この出し物を演じる役をもらうことは嬉しいことなんですが、その為に子供たちは約2ヶ月間猛練習をします。


この祭りにあわせて、周囲の町の子供会は各町内と周辺で子供獅子を舞います。
少子化の時代になって、笛だけでなくて、獅子の中にも中学生女の子が入る町もあるとか・・。
 
 (JR小松駅前)
お祭りの期間・着物を着ていると人力車と美術館が無料になります
観光として特別な売り(代名詞)がない市は最近「歌舞伎の町・小松」なんて広報しています。

夜は恒例の八基揃えがあって、すべての曳山が市役所前広場に並べられて、当番町が演じます。(夜に、また行って来ます)
[PR]

by hirospace | 2007-05-12 16:11 | 祭事 | Comments(3)  

Commented by maikasati at 2007-05-12 17:32
お祭り多いですね~!
GW 高山で 子供の祭りがあるようで 祝い酒を 運んでいました。
hiroさん お元気ですね、夜も行かれるのですか~!
見せてもらえるのかな、楽しみです。
ちなみに 神戸祭りが ありましたが TV観戦してました(笑)
Commented by takako at 2007-05-13 11:37 x
出番を待つ子供歌舞伎のみなさんの横顔が撮れるなんていいですね。絢爛豪華な曳山の上で演じる。やっぱり独特の他に例のないお祭りですね。ひろしさんやみなさんの努力はいかばかりかと思います。祭りを失って、心の中の生をなくした事に気がつきます。多くの田舎で滅びるものは仕方がないと言っていますが、スピリッツが無くなるのは田舎が田舎を失うものだと自分の田舎の事を思います。羨ましさ以上の尊敬の気持ちがあります。
Commented by のの ☆ at 2007-05-14 00:14 x
子供さん達 慣れないかつらや化粧で大変だったでしょうね 猛練習の2ヶ月も大変だったろうなぁって思います。
でも そんな経験って多分 大人になってから いい思い出になるだろうなぁ。。。。
ひろしさん 連休は 山三昧だったんですね!
写真を見てると 自分も行った気分を味わえるから嬉しいです♪

<< その2・八基揃い シラン・スズラン >>