旅の続き・・岩木山

津軽平野に独立峰としてそびえているので、遠くからでも見渡せて、その美しい形から「津軽富士」と呼ばれています。
かなり前になりますが、松村和子の「帰って~来いよ・・♪」と言う歌で、よく知られるようになった山です。

この山には岩木スカイラインという69のヘアピンカーブがあるドライブウエーを走ると1247mの8合目まで上がってしまい、そこからリフトに乗ると9合目まで一気に上がってしまいます。

ここからが本当の登山になりますが、1時間もかからないで、登ることができます。
なので、百名山の一つでも本格的な登山をされる方には物足りない山ですね。


途中には、ピンクのミチノクコザクラや白いイワウメが可愛い花を咲かせていました。

また、黄色いミヤマキンポウゲもいたるところに咲いていました。

頂上付近は岩場になっていますが、

津軽平野の弘前の町並みが見下ろせて、その左側には明日登山をする八甲田山も見えていました。

また、北西方向には津軽半島の海岸線が見られて、その先の遠くには霞んでいましたが北海道も見えていました。

下山して、またバスで青森市内を抜けて、八甲田山の麓にある宿・酸ヶ湯温泉に着いたときは
まる一日経っていましたが、ほとんどがフェリーとバスの移動時間でした。

湯治場の佇まいを色濃く感じさせる温泉は混浴の「千人風呂」でも名が知られていますが、大きな浴槽が半分に区切られているだけで、さすがに女性は勇気のある人が1~2人しか入っていませんでした。

温泉旅館と言うよりも湯治の人が自炊をして泊る宿で遠方からの登山者も利用したり、温泉だけに入りに来ている人で混雑していましたが、宿の料理はそれなりにいっぱい並んでいましたが、特別に美味しいと思えるものもありませんでした。

昨晩の睡眠不足と疲れから、同じ部屋の人は9時過ぎには床に就いてしまって、
寝る前に、一風呂浴びて横になっているうちに、旅先では寝つきの悪い僕も10時過ぎには寝付いてしまいました。
[PR]

by hirospace | 2007-06-19 14:53 | 旅行 | Comments(6)  

Commented by mayaha at 2007-06-19 21:07
1時間で登れるのならいけるかも~でも麓まで行くのが大変ですね~
サクラソウはミチノクコザクラというのですか、きれいです。
Commented by のの ☆ at 2007-06-19 23:00 x
ホントにお天気が良かったんですね 青空がすっきりしてます。
いい旅になってよかったですね
7月1日は 白山の夏山開きですね でも 梅雨の真っ只中でお天気が心配。。あ・・・私は行かないんですけどね(*^^*ゞ
1時間ぐらいの登山だと ひろしさんには あいそもなかったでしょう?

Commented by aturin88 at 2007-06-20 00:56
素晴らしい景色・・・展望が見事な所ですね~(@@)
東北の方に行ったことが無くて、画像で堪能させて頂きました。
野草も初めてのお花が多くて、可愛いですね。

因みに帰ってこ~いよの 歌知ってますね~(うふふ)
Commented by mitiko-aran at 2007-06-20 08:45
おはよう~、緑も綺麗だし、岩に、へばり付きながら咲いてる
山野草も素晴らしく綺麗です、ひろさんの写真の腕のお陰ですね、
ゴロゴろの岩肌を歩くのは大変、疲れますね、
疲れた体に温泉、おご馳走、夜は爆睡ですね、
Commented by maikasati at 2007-06-20 14:49
「帰って~来いよ・・♪」と言う歌が 岩木山を モデルにしているのですね。
ふふっ、aturinさんと 同じで なぜだか知ってますね(笑)
1時間で頂上に あがれるなら 日ごろ登山をしない私でも 上がれるかなぁ!!
ツアーで行かれて お花の 撮影が出来るんですね、余裕ですね~ふふ
八甲田山にも 行かれたのですか、写真が楽しみです。
ゆっくり お風呂に入って 体を休めてください(^^♪
Commented by boton at 2007-06-20 18:16 x
わぁぁ~~いい景色!それに気持ちよさそうです。
一汗かいて、湯治場ですね。それにしてもすごいごちそう~~ゴクン!
あぁぁうらやましい。

<< 八甲田山 白神山地へ >>