七夕祭り

今年で七夕飾りは最後になうのかな・・?、と思いながら、催促して作ったものです。

子供の短冊に環境問題や政治のことが書かれていたのも時の流れでしょうか?
「叱られませんよう!」とあったので、「叱られることをしないようすればいいことだ!」と話しました。
お母さんは今年も「宝くじが当りますように」と書いていましたが、もう何年続いているのやら・・。


町内の神社は七夕飾りを持参すると、お払いをして奉納してくれるので、
近隣から沢山の人が集まります。

この辺りは昔は絹織物の産地で、沢山の機場(はたば)があって、織女(職工さん)もたくさん住んでいました。
その慰労をかねて、お祭りをしていたものが、「七夕祭り」に受け継がれています。

サッカーの仲間が試合の後、遊びに来ていて、一緒にお払いをしてもらっていました。。

茅の輪をくぐって厄払いをして、

梶の葉に願い事を書いて神殿にお参りをします。

七夕祭りにあわせて、町内の婦人会が輪踊りをします。

神社が家の横にあるので、サッカー仲間もお祭りに行ったり、ゲームをしたりで
遅くまで遊んでいました。
[PR]

by hirospace | 2007-07-08 09:35 | 祭事 | Comments(3)  

Commented by 蛙太郎 at 2007-07-08 17:36 x
これは盛大な七夕祭りですね。
こんなすごいのは見たことがありません。
竹笹につける程度のものばかりです。
貴重なお祭りですね。
Commented by boton at 2007-07-08 21:41 x
まぁ こちらでも ちょうどこの7月のはじめは、長浜さまという祭りがあり、これで夏が来ます。大分県では一番に早い夏の祭りです。
みかさ餅といってささにお餅が付けられます。
神社が氏神様ですね。
Commented by mitiko-aran at 2007-07-09 07:53
おはよう~短冊の文字が子供らしくて可愛いですね、
私の近くでも、七夕祭り、無くなりました、
寂しいですね七夕も何時か?過去形になるのでしょうか?
此処は盛大ですね、夜店に、踊りまで、
楽しそうだわ~、hiroさんのお宅も賑わっていますね、
子供の声って!嬉しいですね。

<< 合歓の木 夕日 >>