乗鞍岳に登りました


乗鞍岳には5年ぶり2度目の登山ですが、以前はご来光の写真を撮りに来たこともあるのですが、2003年からマイカーが乗り入れできなくなって、来ていませんでした。

早めに朝食を済ませて、観光センターから8時のバスで畳平に向かいました。
行かれた方はご存知だと思いますが、畳平は2700mにあるので、剣が峰3026mまでは1時間半で登れます。

ちょっと肌寒いかな?と思っていたのですが、気温は高めで、肩ノ小屋まで登ると頂上が見られますが、ここから1時間です。

所々には雪渓が残って、美しい風景が見られましたが、
朝日岳(2975m)まで登ると、直ぐそこに剣が峰が見上げられます。

頂上付近は少しずつガスがかかってきて気になっていました。

白山には登った事のある息子ですが、切り立った斜面から下界が見下ろせるところは怖い!と言ってましたが、実は僕も高所恐怖症で、初めて登ったときは途中で何度も恐怖感があって、すっと立っておれませんでした。
頂上付近はとくに足場が狭くて、もうこんな山は嫌だ!とも言っていましたが、頂上小屋に到着して記念のメダルを買いました。

3000mからの素晴らしい眺望を体験させてやりたいと思ったのですが、ガスに覆われて見られませんでした。

山頂では固まっていて、雲も気になって、早く下りたいと言い出しました。
雲の切れ間から、たくさんの人が登ってくるのが見えました。

ガスが一段と濃くなったとき、左手から雷鳥が姿を見せてくれて、歓声があがりました。
雷鳥と言われるのは雷がなるようなお天気の悪いときに、天敵から姿が見えにくくなるので、姿が見られると言うことが裏付けされたように思いました。

自然との出会いとは、こんなもので晴れたら眺望が出来たでしょうが、ガスのかかった山も雷鳥も今日でなければ見られなかったたかも知れません。

畳平の駐車場が見えるところまで下りて来ると、沢山のバスツアーで来ている人の姿が見られました。
お花畑を散策する人が大半で、3時間で頂上まで往復出来ると言っても、靴や服装の準備をしてないと難しいと思います。
特に今日のような混雑している時期は登山道がれ列なので無理でしょうと聞かれた人に答えました。

お花畑には紫色のヨツバシオガマやイワギキョウやイワツメグサやハクサンボウフウが一緒に咲いていました。
お花は少しですが「こちら」から・・。
[PR]

by hirospace | 2007-08-17 15:37 | 旅行 | Comments(1)  

Commented by maikasati at 2007-08-20 17:17
バスツアーで 乗鞍の畳平 行った事が ありますが 霧の中でした。
こちらに 居られるのは たったの1時間半 でした。
お花畑探索だけなんですよ。

1時間半で 剣が峰の頂上に行けるのですか?
残雪と 湖が 素敵ですね。
小さな子供さんも歩かれて 軽装でも 登れるのですね。
一度は登って見たいです。

<< 白山登山 乗鞍高原でシャワークライミング >>