稲刈りが始まりました

日曜日から、この辺りの田んぼでも早稲種の刈り取りが始まりました。
残暑が厳しい中でも、いよ~実りの秋がやって来ます。

最近は肥料の航空散布をする関係で、その地区では同じ種類のお米が作られています。


小さな田んぼでなくても、コンバインが入って、あっという間に1枚(約400坪)の田んぼの稲が刈り取りさせてしまいます。


昔なら、田植えと刈り取りは家族親戚が一堂に集まって、一斉にしたものですが、今ではコンバインに乗る人と集める人の二人ほどしか姿を見ません。


今年も夏の後半にお天気が続いて、作柄は平年並みになるようですが、
昔は北陸では寒さに強い品種を改良されたり、早場米と言われていたのですが、これからは暑さに強い品種改良が必要になるのでしょうか?
また、コシヒカリの名産地が新潟から北海道になるかも知れませんね・・?
[PR]

by hirospace | 2007-08-28 10:38 | 風景 | Comments(3)  

Commented by mitirin at 2007-08-28 14:08 x
もう!稲刈りですか?広島は穂に花が」咲いたばかりです、
黄金の穂を垂れていますね、台風にも合わずに豊作ですね、
コンバインだと早いですね、私、稲を干してる風景が大好きです、
近くでは見れませんので、hiroさん、お願いします
Commented by milkcoffeetea at 2007-08-28 16:51
こんにちは*
もう新米が売られていますね*
温暖化はとても心配です・・・
私も海の帰り実った稲を見て
きれいだな~っと思って帰ってきました*
Commented by goldpony767 at 2007-08-28 19:52
早く刈って早く新米を出す。こちらでも黄色くなっている丹波がありますが、来月ですね。

<< 桂の紅葉 おわら風の盆・前夜祭 >>