フリフネソウとキンミズヒキ

朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだ暑つい日が続いています。
でも、周りを見れば、夏の花も終章を、告げ初秋の花が見られています。

好きなというか愛着のある花の一つにツリフネソウ(吊舟草)があります。
花の形が帆掛け舟に似ているところから名づけられていますが、

道端の雑草の中に、濃い赤紫色の大きめの花が目に付きます。


ツリフネソウとミズヒキソウは同じところに咲いていることがありますが、
これはキンミズヒキで紅白のミズヒキソウとは種類も違います。
バラ科なので、花の形も大きさも違いますが、金色の花が連なって咲いているのが熨斗袋の水引ににているところからキンミズヒキ(金水引)と名づけられています。
また、白い花のミズヒキは紅白のミズヒキ(銀水引)とは同じ種類で、ギンミズヒキと呼ばれています。

こんな綺麗な花が咲いていても雑草の一つなんですね。
ちょうど、草刈の人がいて、ちょっと待ってください!とお願いをして、写真を撮りましたが、もう刈り取られていると思います。
仕事をしている人には「そんなの おいらにゃ関係ない!」・・なんて、言われるかも知れません!
[PR]

by hirospace | 2007-09-14 11:13 | 草花 | Comments(6)  

Commented by mshin11 at 2007-09-15 08:42
hiroさんお早うございます。
いいなぁ~
金沢はこういう山野草がたくさん見られて羨ましいです。
Commented by nageire-fushe at 2007-09-15 15:52
もう、こんな綺麗な花刈り取られてしまったかもですね。
すごく残念です。自分なら、刈り取られる前に摘んで
なげいれて楽しみます。
Commented by のの ☆ at 2007-09-15 22:59 x
今日は すっごく暑い1日でしたね!外出する機会が多かったんですが あまりのむわぁ~~っとした空気に 会社の中に逃げ帰ってばかりでした(*^^*ゞ
雑草と言えども 抜いてしまうのは勿体無いようなお花をつけるものもいっぱいありますよね 花壇の雑草を抜く時は いつも 今度は山の方に生えてくるんだよって声をかけます。
10月6日に自然解説委員の会がありますね 能登の眉丈山だったかな。。能登の方へは あんまり行かないので 休みが取れたら行ってこようかな・・って思ってます 今年は 白山に登ってないので 日帰りで行く最後のチャンスかな~とも思うので 10月初旬は 天気予報とにらめっこになりそうです。
Commented by mayaha at 2007-09-17 16:44
オ~みごとなド・アップ!咲いたのですね~私達も草刈の方と追いかけっこで
見て歩いています。農業用の水路とかに生えていますものね。
キンミズヒキも群生していますね~
Commented by mitiko-aran at 2007-09-18 10:25
今年初めて金ミズヒキを見つけて写しました、名前が解らなくて
図鑑で捜しました、赤のミズヒキとは余りにも違いすぎて、ミズヒキとは
今でも不思議です、
フリフネソウって!マクロで写すと、まるで、蘭に花の様ですね
Commented by maikasati at 2007-09-18 17:59
ツリフネソウ やっと自然に咲いているのを 丹波の青垣町で見つけました。
傍には ミズヒキソウも 咲いていたのに 二人だとお花が中々撮れないです。 一人だと 撮れたのに残念でした。

<< 蕎麦の花 山里の秋の風景 >>