鈴ヶ岳に登る

市内にあって、年に一度は登っている好きな山で、
ブナ林が綺麗なので新緑の頃に登ることが多いのですが、
日曜日にお天気も良かったので、登りました。


途中の林道で、カモシカが道の前を歩いてお尻を向けながら、ゆっくりと林の中に入っていきました。(熊でなくて、一瞬ホッとしました)

しばらくすると、今度はヤマドリが道を横切って藪に姿を隠しました。
いろんな鳥も見れましたが、写真には収められませんでした。

この日は登山をしている人が少なくて、狭い登山口の駐車場には3台しか車が止まっていませんでした。


渓流の横を歩いたり、渡りながら登っていくのですが、
紅葉にはかなり早いし、花の少ない時期で、変った花には出会えませんでしたが、

ツルリンドウの紅い実やサワフタギ(ルリモドキ)の青い実が見られました。



紫色のアキギリが沢山咲いていました。
サラシナショウマも終わりのころですが、所々に白い尻尾のような花が見られました。


ミゾソバのピンクの可愛い花が群れを成して咲いていました。
この花は山でなくても、麓の道路脇でもこれから増えてきて見られます。


途中の出作り小屋には今日は作業に出ているのか、誰もいませんでしたが、美味しい湧き水を飲んで一服をしました。

山の中で一番お気に入りの場所のブナ林ですが、やっぱり新緑の頃が美しいなあ~と思いました。
お天気はまあ~なのですが、風が強くて木が大きく揺れて、葉の擦れ合う音が、大雨のような感じに聞こえていました。

ナナカマドにもたくさん実が付いて、少し紅葉が始まっていました。


3kmの登山道を2時間あまりで、1200m弱の頂上に着きます。
見晴台には人一人いなくて、一人でおにぎりを食べました。
正面に白山連邦が見渡せるのですが、生憎雲に覆われて、かすかに見えていましたが、直ぐに姿が見えなくなりました。


久しぶりの山登り、適当に汗をかいて、足腰にも軽い痛みを感じながらも、気分が爽快になれました。
山を下って、麓の茶屋「狐狸庵」で一服をして、ススキの写真を撮って、温泉に浸かって帰りました。
いつものように、その他の山野草は「こちら」から
[PR]

by hirospace | 2007-10-10 16:56 | 旅行 | Comments(3)  

Commented by goldpony767 at 2007-10-10 17:52
鈴が岳って深い山ですか、ナナカマドが赤くなっていますね。1200Mとなればご在所岳ぐらいかな、 体力がありますね。
Commented by mayaha at 2007-10-10 21:42
カモシカやヤマドリに出会えるなんて、自然が豊かな証拠ですね~
花もまだまだ残っていて、きれいなぶな林もいいところですね。
Commented by maikasati at 2007-10-11 17:07
登山に行かれたのですね、カモシカでよかったですね(笑)
歩いている傍に カモシカやヤマドリに 出会えるなんて想像も出来ません。

3kmの登山道を2時間、往復すると4時間 凄いなぁ、歩けません!!
素晴しい景色をこちらで見させてもらいます。

<< 金木犀の匂う道 すすき野 >>