古い石造りの橋あるところ

昨晩の、十三夜の月も綺麗でしたね。

何度か登場をしていますが、市内から南の加賀市寄りにある石の産地として知られた所で、
昔は「滝ヶ原石」と呼ばれ住宅の基礎や塀また墓石として、近辺ではよく使われていましたが、
今はほとんど切り出されることもなく、何軒かの石材店が切断・加工や工事をしています。

この町には人気のある鞍掛山に登るときに通る程度でほとんど用がありませんから、
4月に山に登ったとき以来になります。

でも、この過疎の町には、明治時代に造られたアーチ型の石橋が5箇所残されていて、
通る人も車も殆どありませんが、石が盛んに産出されていた時代を偲ばせてくれます。

石と水の公園と名が付けられて、休みの日には来る人もあるのでしょうが、
今日は静まり返って、緩やかに流れる川の音だけが聞こえていました。

今日は、たまたま仕事でこの町に来たのですが、しばらくタイムスリップした場所から離れるのが惜しい感じがして、山里の秋の風景を楽しんで来ました。

同じ場所の以前撮った夏の風景は「こちら」から
[PR]

by hirospace | 2007-10-24 09:57 | 風景 | Comments(4)  

Commented by mitirin at 2007-10-24 10:30 x
おはようございます、昨夜の13夜綺麗でした、
15夜の満月とは行きませんが晴れて居ましたので、楽しみました、
13夜を栗月夜と言う事も始めて知りました
石切り場の跡ですね、削られた、肌が痛々しいです、
優しい風景にセセラギの音、秋ですね、hiroさん
紅葉は、まだでしたか?
Commented by goldpony767 at 2007-10-24 12:21
うっとりデス。古い橋がどれだけ多くの人をとおしてきたのでしょうか。
Commented by nageire-fushe at 2007-10-24 22:29
石の美ですね~~~
石って自然から出てるので
人の手が加わっても、自然に戻って
いくようですね。
Commented by maikasati at 2007-10-25 17:17
こんばんわ~☆
13夜の月は 綺麗でしたね、撮らなかったですが・・・撮れない(笑)
アーチ型の石橋 四季折々 良いですね。
静かな風情も いいなぁ、癒されそうな 風景です。
↓九頭竜湖、手取ダム湖 は 懐かしく拝見しました、2年前の 5月の連休に行きました。

<< 秋の山を彩る実 カツラは紅葉から落葉へ >>