九谷焼・陶芸村まつり


街路樹のイチョウが色づいて、11月の3~5日は能美市泉台の陶芸村にある商店が「陶芸村まつり」(即売会)が催されていました。
5月の茶碗祭りと違って、あまり宣伝をしてないので、近隣の人しか知らずに盛り上がりに欠けて閑散としています。


陶芸村には県の高等技術研修所、歴史資料館や陶芸会館があります。

   九谷焼資料館
資料館の特別展示室の一角に曾祖父・久三郎(号・南久)の作品が陳列されてあります。
名の知れた古九谷の作家と一緒に並べられているのですが、明治時代に九谷焼の発展に功績があったようで、毎年、この時に立ち寄って先祖の作品を見ています。

  色絵藤鶏図壷


陶芸会館では生地作りから絵付け教室があって、研修生が親切に指導してくれます。

会館裏にある登り窯には年に2度火が焚かれて「やまぼうしの会」の作品が焼かれ、今日から3日3晩寝ずの番をします。

普段の電気釜で焼かれるものとは違った、面白い作品が出来上がります。
また、窯の前では、この会館を利用している陶芸愛好家の作品も即売されていました。
最近の九谷焼は昔のような三(五)彩と言われる色・絵付けのものが少なくて、ちょっと見ても何処の産地のものか分からないものが、多くなってきました。
たぶん、この方が日常的に使いやすくて、人気があるからだと思います。

[PR]

by hirospace | 2007-11-07 13:15 | 祭事 | Comments(5)  

Commented by aturin88 at 2007-11-07 13:31
こんにちは。 
とても素晴らしい先祖をお持ちなのですね(@@) 
焼き物を通してお会いできるとは、何て素敵なのでしょう。
私も県立博物館に行くと 会えるのですが・・・。

イチヨウの並木此方では余り見られ無いのですよ。 綺麗ね。
因みに此方の並木は欅が多いです(^^)
最近は何処の焼き物も似てきた感じがしますね。
Commented by nageire-fushe at 2007-11-07 22:28
偉大な曽祖父をお持ちなんですね。
藤の花が風にゆれているような風情の壺ですね。
登り窯の作品は、偶然の出会いが有りますよね。
欲しい器が・・・・・いいな~~~
Commented by goldpony767 at 2007-11-08 06:19
九谷焼はそちらで作られているのですね。窯元を訪れるのはとても心惹かれるものがあります。ほしくなってしまって困るでしょう?
Commented by boton-revista at 2007-11-08 08:54
え~~~~~南久さんが 曾祖父さん!
一時期仕事がら、陶芸を研究しておりまして・・・
知らなかった!
土や焼き 窯変の技・・それから生まれる器の景色で勝負みたいなところがあった陶器の世界に、文明開化鹿鳴館時代の時代の流れにのったというか・・影響がかなりある九谷焼。絢爛豪華な絵付けは 宮廷・貴族に好まれるようなものだったようです。ヨーロッパへの輸出用として認められたのも曾祖父さんの頃では?絵付けでは有名な方。ですよね。
Commented by takako at 2007-11-10 06:35 x
九谷焼 陶芸村祭り 行ってみたいです。
周囲には焼き物教室がたくさんあります。日本に釜を見に旅行する人もいます。皿鉢のような彩をほどこす器が焼き物と思っていましたから、先生が他の教室も教えてくれました。そのうち天目が好きに成りました。
色絵藤鶏図壷、見る事ができて嬉しいです。

<< ズワイガニ漁の解禁 白水の滝 >>