市内の公園風景

冬型の気圧配置になると、日本海側はお天気が崩れます。
朝から、雨が降ったり止んだり、時折日差しも見えたりもしています。

桜の名所でもある市内の芦城公園がこの時期は落ち着いた佇まいが見られます。

陽春の頃には、桜が満開になって、新一年生になった親子が桜の木の下で写真を撮っていた風景があって華やいだ雰囲気が漂っていましたが、今日は雨に濡れた色とりどりの落ち葉が、寄り添って和んでいるような雰囲気に感じるのですが、濡れ落ち葉を見ると親近感を覚える自分の姿が幻想の中に重なって見えました。

大きな松には雪吊りも施されて、何本もの縄が下げられていました。
幹にコモが巻かれているのは、虫から木を保護するためのものです。

今日はまだ寒くはないですが、次第に気温も下がってくるようで、やがては雪の訪れの時期が偲ばれる風景でした。
[PR]

by hirospace | 2007-11-16 14:40 | 風景 | Comments(4)  

Commented by nageire-fushe at 2007-11-16 21:20
雪吊りを見ると、冬到来をひしひしと
感じますね。
桜紅葉も、地を染めてるのですね。
うちの近所では、やっと色づいてきました。
Commented by goldpony767 at 2007-11-17 06:44
芦城公園ですか、綺麗なところですね。桜の落葉も写していただき有難うございます。
Commented by mshin11 at 2007-11-17 09:05
金沢は雪つりの風景が有名ですね。
うんと深い雪が降るのでしょうね。
雪景色が楽しみです。
Commented by maikasati at 2007-11-18 22:22
冬が間近に 感じられる光景ですね。
やはり 雪が 多いのでしょうね。
落ち葉は 桜の葉なのですね、桜の頃も素敵な公園なのでしょうね。

<< 大根が気になる頃 黄葉で染まる >>