冬至はキャンドルナイトで地球エコの日に


「こまつ環境パートナーシップ」が提唱する「11万人、地球エコの日」は今日の冬至に市内では様々な取り組みが展開されます。

夏至に続く省エネの取り組みで、「ワンルーム団らんナイト」を計画して、夜7時からの2時間、家族が一部屋に集まって、地球環境について家庭で取り組めることなどを語り合おう!と伝えています。

去年の冬至には駅前の芸術劇場・うららで「キャンドルナイト・コンサート」が開催されましたが、
今年はノーベル平和賞の受賞で一躍時の人になった元米副大統領アル・ゴア氏の「不都合な真実」が上映されました。

ゴア氏は世界各地でスライド講演会を開いて、「地球温暖化の防止」を訴えて活動されていますが、一部には批判もあるようですが、映画はCO2の増加が地球環境にどのような影響を及ぼしているか分かりやすく説明されているので、機会があれば見られることをお勧めします。
[PR]

by hirospace | 2007-12-22 17:25 | 祭事 | Comments(3)  

Commented by takako at 2007-12-22 22:10 x
『キャンドルナイト』素敵ですね。冬至なんですね。風邪をひきたく無いから冬至カボチャを頂かなくちゃ。
『不都合な真実』先日DVDで見た所です。ここまで進んでいるの温暖化 ちょっと恐いですね。色んな形で講演をされているんですね。こんなのもみつけました。

世界一受けたい授業(アルゴア1)
http://jp.youtube.com/watch?v=KLs54msZ_zA&feature=related

世界一受けたい授業(アルゴア2)
http://jp.youtube.com/watch?v=yAbjssy_g1o&feature=related

Commented by goldpony767 at 2007-12-23 07:05
不都合な真実 は見てません。DVDでみれるのですね。
Commented by nageire-fushe at 2007-12-23 07:07
キャンドルや灯明の明かりは
周りの暗さを引き立ててくれ、灯じたいの暖かさや
明るさを感じさせてくれますね。
昔、描かれた障壁画や花も別な
ものに見えるのも不思議です。

<< 子供の誕生日 冬の晴れ間 >>