藤と桐の花

今日はどんよりと曇った寒い日になって、また暖が欲しい感じになりました。
conv0099.jpg
でも、公園にはツツジが満開になって、藤棚が見ごろになっていました。
conv0090.jpg
長く垂れ下がった藤の花穂が風に揺れていました。
conv0092.jpg
花はマメ科特有の可愛い形で、綺麗な薄紫色がいいですね。
conv0091.jpg

この花が咲く頃には、山や雑木林に同じような紫色を見ること出来ます。
conv0098.jpg
かなり背の高い大きな木は桐の木です。
北陸はこの木がいろんなところに植えられています。
conv0102.jpg
成長が早いので、昔は農家に娘が生まれると庭に植えて、嫁ぐときには切って箪笥などにしたとも言われていますが、燃えにくくて加工がしやすいことから、貴重な建材でしたが、最近は高級品になって使われることも少なくなっています。
conv0100.jpg
桐の花は大きな筒状の花で品のいい形をしています。
そのために古くから菊に次ぐ高貴な紋章として、皇室や武家にも愛用されています。

余談ですが、桐という字は木に同じと書きますが、これは桐が本来はゴマノハ科の草であって、成長が早いのもそのためで、大きくなるにつれて木になっていきます。
それが証拠に木の幹には草にある水管を見ることが出来ます。
[PR]

by hirospace | 2008-05-10 21:08 | 草花 | Comments(3)  

Commented by boton at 2008-05-12 15:58 x
桐の花 こちらでも 見ますよ。
やはり 「女の子が生まれた家には 桐の木を」
と いう言い伝えもあります。

遠くから見ると藤の花かな?なんて思います。でも 鮮やかさは桐のほうがあるような。ところで 北国はやはり家具職が生業として多いのかな?
Commented by takako at 2008-05-13 06:56 x
藤の花房が長いですね。藤の花をみかけますが、こんなに長いのを見た事がない。近所に桐が一本あって花が咲いたり、葉が茂ったりするのを眺めるのが楽しみでしたが、もしかしたら娘さんがお嫁に行ったのかなぁ。桐がなくなりました。緑の山を背中に枝を広げている桐はゆったりと気持ち良さそうに育って見えます。
Commented by aturin88 at 2008-05-14 21:57
遠くより山で見る桐は時として山藤と見まがう時も(^^)お花が上を向いて折り改めて違うと分かるそんな季節です。
桐のお花UPで初めて見ました。 綺麗ですね~~!!

<< 麦の青とレンゲソウ 塩の道まつり(白馬) >>