遣水観音山(やりみずかんのんやま)

dc061629.jpg
隣の能美市・仏大寺町と小松市との境にあるこの観音山は、別名 遣水山(やりみずやま)とも呼ばれ、白山に連なる山々の中でも一孤峰で、古代(奈良、平安時代)から白山信仰の霊場となり、観音堂を建立して修験者の拠点として栄えていました。
dc061619.jpg
麓に湧き出る霊水は古代より枯れたことがないと言われ、口コミによって広まり最近は名水百選にも指定され、県内外より汲みに来る人で賑わっています。
dc061601.jpg
自然観察会があって、初めての場所なので大勢の人の参加がありました。
dc061621.jpg
以前はここに水を汲みに来ていたのですが、直ぐ横にある登山道の階段を見て気が引いたのと、そのつもりで来ていないために登ったことがありませんでした。
dc061639.jpg
もう遅いと思っていましたが、ササユリも所々に残っているのが見られました。
dc061645.jpg
アカショウマも見られましたが、茎が赤くないとか葉が心形になっていないからそうでなくてトリアショウマでないかとか、このメンバーらしい問答が繰り返されて足が止まっていました。
dc061638.jpg
途中の尾根からは白山が見られたり、展望台からは加賀平野と日本海の海岸も見られました。
dc061641.jpg
地元の里山保存会が、この山の散策に力を入れて新しい登山道を整備してくれていました。
つくばね新道と名づけられているように「つくばね」が林になっていました。
まだ実が付いていませんでしたが、秋には生け花で人気のある「つくばね」が沢山採取できそうです。
dc061649.jpg
麓に下りると、ミヤマヨメナが所々に咲いていましたが、園芸種のミヤコワスレの原形と言われる綺麗な薄紫の花ですが、写真では上手く撮れていませんでした。
dc061617.jpg
キイチゴ(モミジイチゴ)が道路の脇にずっとあって、オレンジ色の実が付いて甘かったので、大半の人が口にしていました。
近くの手ごろな山ですが、頂上でお弁当を食べたり、4kmの山道を散策して半日寛げました。
[PR]

by hirospace | 2008-06-16 20:57 | 旅行 | Comments(4)  

Commented by maikasati at 2008-06-17 15:44
こんにちわ。
自然観察会 いいですね、近かったら 参加したいです。
山の4㎞は きついでしょう、階段の急な事 息切れしそうです。
ササユリも見れてよかったですね。
hiroさんは 鍛えられているから お散歩みたいでしょう・・・(*^^)
Commented by boton at 2008-06-17 21:09 x
自然観察会、こちらもあります。忘れていました。
そろそろ行きたいなぁ。
ヨメナとかもう咲いているんだと。
Commented by mo-su1717 at 2008-06-19 21:23
自然観察会があるのですね、近ければ参加したいですが。ササユリ咲いているのですね。近くで咲き始めたようですが、なかなか時間が取れなくて今年はまだお目にかかっていないのです。
Commented by のの ☆ at 2008-06-19 22:31 x
いいなぁ~~ 行けなかったけど ひろしさんとこに見に来ると 行ったような気分になれるから 嬉しい♪でも 行きたかったなぁ・・←未練たらしい(*^^*ゞ
梅雨が明ける頃には 少しは落ち着いてるんじゃないかと思うので その頃には 色んな散策会に参加したいなって思ってます。
仕事では 精神的にも体力的にもツライ事が続いて へこたれてます
(┯_┯)  山のエネルギーをもらいに行きたいな♪

<< 公園の梅の実 安宅海岸の夕日 >>