ノウゼンカズラ(凌霄花)

九州や四国は梅雨明けをしたようですが、北陸は曇り空が続きます。
今年もノウゼンカズラが咲き始めました。
「霄」という字は空を意味するので、「空を凌ぐ花」 という名前になりますが、真夏の空が似合う花ですね。

c0022275_18135336.jpg

橙色の花を次々と咲かせて、庭が賑やかになります。
色が鮮やかで、アオイ科の花と少し似ていているようですが、
中国が原産地だからオリエンタルな印象がします。

c0022275_18122534.jpg

マメ科のつる性の植物なので、何かの木に絡まないと伸びて行けません。
やがて、松の木に蔓が巻きついて、松の花?のようになります。
[PR]

by hirospace | 2008-07-06 18:15 | 草花 | Comments(1)  

Commented by aturin88 at 2008-07-09 17:25
こんにちは
ノウゼンカズラ このお花が咲くと夏を感じますね。
派手な色ですが、夏には似合うお花です。  好きなのよね(笑)

<< 七夕祭り Jリーグ観戦 >>