紅生姜を作る

新生姜が手に入ったので、僕の好物の紅生姜にしました。
梅干を漬けているときは梅酢やシソ(赤梅酢)があるので、いつも紅生姜を作っています。
conv0215.jpg
600gの生姜の皮をむいて、水洗いして約4%の塩水(25gの塩)に一晩漬けておき(アクが出ます)、生姜をザルなどに広げて、天日に1日干して置きます。

conv0216.jpg
それを消毒したビンに詰めて、生姜が浸るように赤梅酢を入れて約1週間ほど置いておきます。
(今年漬けたラッキョウの横に並んでいます、やがて、その横に梅干も並びます・・マイコレクション?)

このままでも出来上がりですが、天日に干した方がカビも生えにくいし、保存性がよくなるので、梅干を干すときに一緒に半日に干します。
conv0217.jpgconv0218.jpg

赤梅酢がたくさんあるようなら、新しい赤梅酢で漬け直して、シソを上に被せて生姜が直接空気に触れないようにして置いたら完璧です。(冷蔵庫で1年以上保存できます)
僕は紅く浸かった紅生姜を焼き蕎麦に載せたり、白いご飯に載せて食べると美味しくて、僕は大好きなんです・・。
[PR]

by hirospace | 2008-07-12 18:51 | 料理 | Comments(3)  

Commented by boton-revista at 2008-07-14 21:24
botonも紅ショウガ大好きです。
小さい頃、おばのうちへ遊びに行って
おば「なにが食べたい、ごちそうしてやるわい!」
私「紅ショウガ!に みょうが!」と いって困らせた。
まったく !料理しようがないといわれたくらいです。
Commented by aturin88 at 2008-07-16 00:11
綺麗な色に浸かりましたね。
色々な物をお上手に作られて、何時も感心しています(^^)

紅しょうがは主役ではないですが、とても必要なものですね。
Commented by takako at 2008-07-16 15:50 x
ショウガ漬けの瓶の色も、切ったショウガもきれいに仕上がって わくわくしますね。
色んな瓶が並んで 楽しいコレクションンです。
ひろしさんのところで見ると 私もやってみたくなります。
シソが育っていますから サソワレテ 週末にでも塩揉みしてみようと思います。白いご飯が一層美味しくいただけますね。

<< 夏の花 合歓の木 >>