おわら「風の盆」

毎年、もう来年は行かないぞ!と思いながら、時が巡って来ると、何のためらいも無く足が向いてしましまうのも、魂を揺さぶる「風の盆」の音色と踊りの魅力だと思います。
昨日も夕方になると、落ち着かなくて仕事を早めに終えると、八尾に向かっていました。

普段は静かな坂の町・越中八尾に二百十日の風が吹くと、町は「おわら」一色に染まります。
格子戸の旅籠、土蔵、造り酒屋が軒を並べる静かな坂の街に雪洞があがり、明かりが灯る頃になると、どこからともなく聞こえてくる三味線、胡弓、太鼓の音、それに合わせて哀調を帯びた「おわら節の音色」が流れてきます・・というのは、過去のことで、現在は大混雑の中で、人の肩越しに見るのが当たり前で、音も歌声も目の前に来ないと聞こえません。
conv0024.jpg
   上新町の町流し
9月1日からの三日間の本番前に先駆けて、8月20日から30日まで各町内が練習を兼ねて、自分たちの気持ちを盛り上げるために前夜祭が催されていますが、それにもバスツアーが組まれて本番並の混雑になっています。
最近は前夜祭に来ることが多くなっていたのですが、今年はお天気も悪かったりして行けませんでした。

そんな胡弓の音色の魅力に惹きつけられて、(本当は女性の姿かな?)もう何年も続けて、この祭りだけは欠かしたことがないのです。 

全国的に知られるようになった本来の理由の他に高橋治の小説や石川さゆりの「風の盆恋歌」があります。

聞名寺の舞台踊り
conv0031.jpg
女性の編み笠に浴衣姿の優雅な踊りもいいですが、黒い法被をまとった男若修の粋な踊りは最高です。
conv0034.jpg
母親に付き添われて可愛い幼児たちの踊りも観衆の目を和ませてくれます。

その他の写真は「こちらから」
[PR]

by hirospace | 2008-09-02 15:23 | 祭事 | Comments(7)  

Commented by mshin11 at 2008-09-03 09:34
わぁ~憧れの風の盆・・・
行って見たいと思いながら、この人ごみに躊躇しています。

粋な踊りと胡弓の音色に憧れています。
絶対行きたい・・・いつかは・・・
Commented by 通りすがり at 2008-09-03 10:18 x
聞名寺での舞台踊りは地元の方々ではなく、県外県内の同好会の中年の女性ばかりです、念のため、
Commented by maikasati at 2008-09-03 17:12
『風の盆』 
そうですか、前夜祭もバスツアーで 来ているのですか?
見に行きたいと思っていますが バスツアーになるでしょうね。
お祭りの雰囲気が好き~♪胡弓の音色と踊りを見たいです。
私も絶対に行きたい・・・・と思ってます。
車は止める所が あるのですか?
Commented by kureyon at 2008-09-04 21:33 x
やっぱり、行かれたのですね。
人が多くなっても、そうじゃなくなっても
いつまでも 残してほしい伝統行事ですね。
人々に忘れられたころに行ってみたいです。
って・・・・忘れられないのでしょうね。
Commented by nageire-fushe at 2008-09-06 12:00
自分も憧れなのです。
あの胡弓の音色が寂しさと郷愁を誘いますよね。
激しくないお祭り、体験してみたいです。
Commented by takako at 2008-09-06 16:23 x
おわら風の盆。
サンフランシスコ ベイエリアにいる私まで届いて来る。テレビの物語の中で出て来た事がありましたから、、、
写真を撮ってみせて下さいます方の目線も関係があるとは思いますが、、、色ぽいですね。上の二枚の写真は幻想的で好きです。特に引きつけられます。上から二枚目は丁度いいフレーミングとアングルとタイミング。ドキドキします。
Commented by boton at 2008-09-08 16:11 x
私もいってみたいあこがれの盆踊りです。
風の盆ってなにかの小説になったですよね。
マスコミの力ってすごいわ

<< 初秋の山野草 ミズヒキ >>