常念岳から蝶ヶ岳への縦走

知らぬ間に熟睡をしていたようで、物音に気づいたのが4時過ぎで、5時前から荷物の整理をして、温かいココアとバナナを食べて、小屋を出発しました。
conv0035.jpg
夜明け前でしたが、それ程寒くもありませんでした。
conv0045.jpg
すでに登り始めている人がいて山肌にポツ~と明かりが見えていました。
今日もお天気が良さそうで星が輝いていましたが、大きな朝焼けにはなりませんでした。
conv0048.jpg
頂上に近づくに連れて、斜面が急になって大きな瓦礫と岩が重なり合って、歩くと言うより、四つん這いになって這うように登りました。
conv0038.jpg
見下ろすと止まった常念小屋の赤い屋根が見えて、次々に登ってくる人の姿も見えました。
conv0039.jpg
槍ヶ岳も朝日を浴びて、少し赤みを帯びていました。
conv0040.jpg
conv0041.jpg
常念岳は偽頂上?と言われる山があって、登り詰めたと思った上に本当の頂があります。
祠が立っている頂上は2~3人しか立てなくて、その下の標柱辺りが少し広くなっています。
ここまで標準1時間半のところが、やっぱり2時間あまりかかってしまいました。
conv0017.jpg
360度の視界が広がっていて、お天気が良くて、槍から穂高全景とその左には乗鞍岳とその後ろに御岳が見えています。
conv0019.jpg
南方向には南アルプスから中央アルプスも見えます。
その横に薄く見えるのが富士山なんですが、ちょっと霞んでいました。
東方面には八ヶ岳連邦の大きな山並みも見られました。
美ヶ原・霧ヶ峰の山の左には浅間山から上がる煙も薄っすらと見えていました。
conv0042.jpg
そんな光景にしばらく魅了されていましたが、これから下る方向を見て、全身が固まるような思いをしました。
大体、高所恐怖症の僕が、ちょっと怖い思いをしながらも此処まで登れたことも不思議な思いをしていたのですが、この険しい岩肌を下らないと先に進めないのかと思うと、何か間違いを起こしたような気になりました。
しかし、その思いも束の間で、体が前に動き出していたのですから、不思議でした。
ストックを閉まって、両手で岩をしっかり掴みながら、下りて行きました。
思い起こせばそのときは緊張感が怖さを押しやったと言う気がしていたのでしょう。
conv0020.jpg
険しい岩場を下り切った所で、振り返ると、よくもこんなところを下りて来られたものだと、自分を褒めてやりたいとも思いました。(恐怖症がかなり解消されたのかも知れない?)
conv0044.jpg
やっと、2857mの頂上から下りて来たというのに、この先また2592mのピークまで登らないとなりません。
下ってまた登ると言うのは、かなり堪えるもので、これが縦走なのかというものか思い知りました。
仲間は何処へ行ってしまったのやら、視界からは見えなくなっていましたが、黙々と登り続けました。
conv0047.jpg
槍が少し遠ざかり、目の前は前穂高から涸沢が見えていました。
conv0022.jpg
蝶ヶ岳に近づいたはずなのに、まだ蝶ヶ岳ヒュッテが遠のいた感じがして、目の前には蝶槍が見えて、また下って登らないとなりません。
これが初心者向きの縦走のコースなの?と、首を傾げたくなりましたが、歩くほかありません。
岩が組み合わさって、その頂に石が積まれて槍のような格好をした頂上に着いたときは12時になっていました。
お昼は蝶ヶ岳のヒュッテで食べようと約束をしていたのですが、仲間はもう着いているだろうなあ~と思いながら、ここは休まないで先を急ぎました。
conv0023.jpg
conv0025.jpg
もう大きな山もなくて、ヒュッテと蝶ヶ岳も見えてきました。
conv0024.jpg
右手には上高地に通じる梓川も見てきました。
conv0026.jpg
最後の上りを終えて、やっとの思いで蝶ヶ岳ヒュッテに12:30に到着です。(所要時間7時間)
仲間はお昼を食べ終え笑顔で迎えに来てくれて「もう少し遅れると思ったけれど、意外と早かったね」・・と、労いの言葉をもらいました。
帰りの時間があるので、急いでカレーライスを食べましたが、18時間ぶりに食事らしい?食事をしたので、美味しかった。(つづく)
[PR]

by hirospace | 2008-10-15 15:27 | 旅行 | Comments(4)  

Commented by aturin88 at 2008-10-15 17:24
見せていただくだけには 素晴らしい景観ですが、怖い!!
登山の経験ゼロの私には尊敬です。
登りきった時の気分は何とも言えないと友人は言いますが・・・
岩を這い登るなんて、本当に凄い!!です。
Commented by maikasati at 2008-10-15 22:00
こんばんわ~☆
本格的な登山なんですね(@_@)してます。
少し歩くとふくらはぎがつるのに hiroさん 凄いです!!
目の下に見える雲海 とても素敵、山登りなど縁の無い二人なので 羨ましい光景です。
Commented by のの ☆ at 2008-10-16 00:21 x
お疲れ様です~ ホントにすごいとこですね!写真を見てるだけで すごく怖いです 吸い込まれてしまいそうで。。。私も実は 高所は少し怖いので 白山登山の登り口のつり橋は いつも上を向いて手すりにつかまりながら ゆっくり渡ります。下を見たら足がすくんでしまいます。
あのつり橋でさえそんな状態なので~
縦走って大変なことなんですね 
でも 写真は素晴らしい光景ばかりで 怖いけど美しいです。
Commented by 誰やねんっ20号 at 2008-10-16 06:48 x
うむむ。。こりゃあなかなか過酷ですね。本格的。
筋肉痛だなんだとおっしゃるけれど、これはやっぱ大したものでございます。
道路と線路沿いにしか行動していないので、このパノラマは不思議な気が致します。
なんとココからあそこが見えるのかー。。

<< 蝶ヶ岳からの下山 常念岳登山 >>