蝶ヶ岳からの下山

ヒュッテで昼食を食べて、蝶ヶ岳の頂上に登る予定でしたが、往復1時間もあれば行けるところなのですが、このペースだと帰りの時間が無くなりそうなのでカットしましたが、登山をして目の前に見えている頂上に登らないというのは初めてのことでした。
conv0027.jpg
下りだからと楽かな思っていたのですが、蝶沢までの下りはかなり急で、大腿の筋肉と両足の爪も痛くて、早く下りることも出来ませんでした。
偶にすれ違う登りの人は、それ以上に厳しい表情を浮かべていました。
登りは6時間とか8時間とか、人によっていろ~のようですが、この道を登に選ばなくて良かったと思いました。
conv0029.jpg
途中、見上げると大きく迫り出している前常念岳と今朝登って下りて来た常念岳の切り立った姿が見えました。
conv0030.jpg
かなり下ってきた積りなのに、途中の表示板には三股まで4.0kmとあって、まだ2.4kmしか歩いてないのかと分かると、ガックリしました。
すでに2時間経っているのだから、とても4時間では下りられないのでは、という不安がありました。
予想外に水を多く飲んでしまってボトルが空になってしまった。
下の力水までは、まだかなりあるようなので、後ろから来た人に分けてもらった。
conv0031.jpg
渓流の音が大きくなって来て、水場が近くなったと分かってホッとして、「力水」に着くなり給水をして空のボトルにも詰めた。
conv0050.jpg
辺りがかなり暗くなって来て、進路が分かりにくくなって、誰かに聞こうとしたが、人影が見えなかったので、この道だろうと思いながら下ると、本沢に架かるつり橋に出て三股まで800mと表示されていた。
conv0034.jpg
登山口が近くなって、暗くなった道を話しながら歩いていると、前から懐中電灯が見えて、連れが迎えに来てくれた。
駐車場に着くと6時近くになってしまって、車が数台停まっていたが、これは明朝登る人の車のようだった。
結局、早朝からの縦走に7時間、下山に5時間もかかってしまい、およそ12時間歩いていたことになりました。
荷物を整理して、大きな月を見て、蝶ヶ岳温泉(ホリデーユ)に寄って、汗を流して、帰路に着きました。(おわり・・・3日間に亘る長い日記にお付き合いいただいて、お礼申します)
[PR]

by hirospace | 2008-10-16 13:35 | 旅行 | Comments(4)  

Commented by boton at 2008-10-16 22:51 x
こんばんは いいですね、山登り、botonも行きたい・・・
でも、下りって結構太ももに来ます。
わなわなして・・・紅葉もぼちぼちかと・・・
Commented by nonohana07 at 2008-10-17 22:25
こんばんは
常念~蝶は、なかなか大変そうですね・・・
でも、お天気に恵まれてラッキーでしたね 
雨が降ると消耗しますから
秋は日が短くなるので注意しないと危険ですね
ご無事で何よりでした
Commented by nageire-fushe at 2008-10-18 09:29
秋山登山ですね~~。
蝶に登ったのですか!!
山頂はもう紅葉と言うより這い松の緑が綺麗ですね。
山装おうそんな風情が素敵です。
でも、寒そうです~~~
Commented by 誰やねんっ20号! at 2008-10-19 13:30 x
昨日今日と天気が良いのでリハビリにどちらか行かれてるのでは?
今日もすごくイイ天気。日焼けが心配だなー。

・・・外に出ていれば。。。


ふう。

<< 県民の森を散策 常念岳から蝶ヶ岳への縦走 >>