2005年 09月 29日 ( 1 )

 

カワラナデシコ

秋の七草もいろんな方のページでアップされているのを拝見しました。
でも、ナデシコは あまり見なかったように、思います。
僕も自生のナデシコだけが写せてなかったのですが、
昨日通りがかりに、道端にピンクの花が目に付いたので、
もしかして?と思って戻って、カワラナデシコの小さな群れを見つけました。

この辺りの畦道には、以前は100m位並んで咲いていたのですが、
今年は遅かったのと、残されていなかったので気が付きませんでした。
夏から咲いている花だし盛りを過ぎたのか?
手入れもされてないので、綺麗な株ではありませんが、
カワラナデシコも時節の可愛い花なので、掲載しました。

撫子の花は、日本原産の河原撫子(カワラナデシコ)のことですが、
 中国産の唐撫子(カラナデシコ、石竹)と区別するために
 ヤマトナデシコ(大和撫子)と呼ば れるようになりました。
 昔から愛されてきた花で、古歌などに詠われている撫子は、
 たいてい このカワラナデシコです。


そして、彼岸花もそうなんですが、
早くに掲載をしていたのですが、少々遅れて、今が見事に満開です。
市内を流れる梯川の土手に1km程に渡って、咲いています。

先日から、仲間のページで拝見しては・・・、
やっぱり、もう一度写してこようと思って、再度掲載しました。

[PR]

by hirospace | 2005-09-29 19:37 | 草花 | Comments(3)