2005年 09月 30日 ( 1 )

 

赤いそばの花

先日、ソバ畑一面に白いソバの花が咲いた画像を掲載しましたが、

今日、違う所を通っていると赤い花が混じって咲いている畑を見つけました。
このまだら模様に咲いているのも、また悪くはない?(綺麗だ)なあ~と感じました。

赤いソバ(の花)はヒマラヤ地方が原産地ですが、
信州・伊那などでは以前から、植えられているのは知っていました。
でも、自分の目では見たことがなかったのですが、
その近くにいる友人から写真を送ってもらった事があります。

赤いソバの花にも人気があって、最近は観光も兼ねて植えられているようです。
でも、収穫率などは白い種類から見れば悪いようですが、
休耕田からソバ畑に転用するところが増えて、そば粉の値段も下がり気味なので、
見て、食べて楽しむ所として、積極的に取り入れているようです。

ここは赤いソバを植えたわけではないと思うのですが、
天候異変(夜の気温が高い)が原因だと言う人もいますが、
そうでもないような気がして、確認は出来ていません・・。
白い花も可愛いですが、赤い花もアップにすると綺麗ですね。

◎赤い花が混じる原因が分かりました!(種類の違う種でした・・単純!)
夕方のTVのニュースで、報道されていました。
信濃2号という種を使っているので、赤い花が混じるということで
[PR]

by hirospace | 2005-09-30 09:09 | 草花 | Comments(3)