2009年 03月 29日 ( 1 )

 

鞍掛山

conv0008.jpg
春山の山野草が気になる頃ですが、今日はお天気が良くなる予報が出ていたので、市内の鈴ヶ岳に登ろうと思って出向いたのですが、1000mを越える山はまだ~残雪が多くて、冬タイヤを外してしまったので、登山口にもたどり着けませんでした。
conv0026.jpg
そこで、途中まで戻って尾根を越えて、南にある鞍掛山に変更しました。
この山は近辺の人には人気があって、駐車場には早や10台ばかり車が止まっていました。
conv0034.jpg
500m足らずの低山ですが、いろんな方面からの登山口があるのですが、昔は石の採掘場で賑わっていた滝ヶ原から登ることにしました。
conv0031.jpg

conv0009.jpg
登りは急だけれど一番距離が短い西谷登山道を選びましたが、鶯の鳴き声が歓迎してくれました。
しばらく登ると北陸の春山ではよく見られるタムシバと言う白い花が咲き出したところで、山肌に白い花が点在しているのが見渡せましたが、しばらくするとこの白い花のトンネルが出来るほど咲きます。
この花はコブシとそっくりなのでよく間違われますが、山の尾根に咲いているのはタムシバです。(違いはコブシは花の下に葉が付いています)
conv0011.jpg
登山道の脇にはショウジョウバカマがずっと咲いていましたが、
conv0025.jpg
他の山野草は時期が早くて見られなくて、偶然にも立ち止まった所に春ランが4つ花を付けているのが見られました。
conv0012.jpg
2kmの登山道を1時間半ほど登ると頂上に着けますが、低山ですが360度視界が広がって、東には白山の山並みが見られるのですが、今日は雲に隠れていました。
conv0015.jpg
直ぐ目の前には、先に寄った鈴ヶ岳や大日山が見えましたが、もう少し待たないと登られないようです。西側には加賀市の町並と日本海が見渡せます。
conv0035.jpg
お昼を食べていると、雪が舞ってきたので、早々に片付けましたが、キンキマメザクラの小さな花や
conv0019.jpg
マンサク、アセビが咲いていました。
conv0023.jpg
下山は別の道(加賀市の塔尾登山道)を通って下りることにしました。
登りは凝灰岩の登山道でしたが、下りの道は落葉が踏み固まって歩きやすい道でしたが、イノシシが畑を耕したように至る所で掘り起こしていました。
conv0024.jpg
少し遠回りになりましたが、1時間半ほどで、元の道に合流して中滝を見てから駐車場に着きました。
conv0030.jpg
登山道の登り始めのところにはスミレがたくさん咲いていました。
conv0028.jpg
[PR]

by hirospace | 2009-03-29 18:47 | 登山 | Comments(4)