2009年 04月 18日 ( 1 )

 

麦の青

例年、5月始めにアップするのですが、今朝、麦畑が朝日に輝いて綺麗だったので写して来ました。
conv0072.jpg
葉桜になった桜並木の間から、朝日を浴びた白山も覗いて見えました。
田植えの準備が始まって、水田に耕運機が入り、水も張られていきます。
conv0071.jpg
この辺りで植えられている大麦は六条大麦で麦茶や炊飯用に使われていますが、減反によって大麦の作付けが増える傾向にあります。
北陸では福井県が生産量が多いのですが、加賀地区では県内の70%近くが作られています。
それでも、消費の90%が輸入で賄われています。
conv0073.jpg
この時期になると風に新緑の穂が揺らいで春の輝きを見られますが、麦畑の場合は新緑というより「麦の青」という言い方がよく使われています。
石川啄木の「一握の砂」などの小説家も「麦の青」という表現を使っています。
やがて初夏の日差しを浴びる6月になると、黄金色に輝いて収穫の時期を迎えますが、それを「麦秋」と呼ばれています。
[PR]

by hirospace | 2009-04-18 08:27 | 風景 | Comments(2)