カテゴリ:旅行( 79 )

 

馬曲温泉・野沢温泉・・

友人と一緒の時もありますが、よく一人で旅にも出ます。
一人旅を羨ましいと思われる方もありますが、この時期は皆が揃って楽しんでいるときに一人でポツンと居ても様にならない感じもあります。
(それなりに、自分流で楽しんではいますが・・笑)


露天の温泉めぐりも僕の楽しみの一つなんですが、最近はご無沙汰でした。
今回は木島平にある「馬曲(まぐせ)温泉」望郷の湯を訪ねました。
早朝から入れるので、人の少ない時間にとも思ったのですが、お昼過ぎになったので、大勢の人が来ていました。

望郷の湯と名づけられていて、棚田だったところを温泉公園に整備されて、遠くに斑尾高原のスキー場が見下ろせます。

茶屋の置くには檜風呂の造りの内風呂もありますが、かなりお湯が熱かったので、少し温めの露天風呂に入りました。

山々に囲まれて、桜が散り始めて湯船にも花びらがたくさん舞い降りて風情がありましたが、
連休なので仕方ありませんが、混雑していたのが残念でした。

日記が前後しているのですが、この後、山を下りて、飯山の菜の花祭りに行きました。
その後、「野沢温泉」に向かいました。
スキー客がメインの安いペンションが取れたので、チェックインをして荷物を置いてから、外湯めぐりに出かけました。

野沢温泉の外湯めぐりをしていたときにコンデジのメモリーが一杯になって、xDカードを入れ替えたのですが、PCに取り込むと写真の一部が転送されませんでした。
原因が分からないのですが、メモリー不足のときに不要の画像を削除した際に誤って消してしまったのかも分かりませんが、意図する写真が掲載できませんでした。


(写真が消えてしまって、資料より)
野沢温泉には30余りの源泉がありますが、麻釜(おがま)はその一つで100℃近い熱湯が湧出していています。
麻釜と名づけられているのは、昔は刈り取った麻を湯だまりに浸し、皮をむいたことに由縁しています。
現在は麻ではなくて加工細工に使われるアケビの蔓を浸けたりもしていますが、ゼンマイ、コゴミなどの山菜やトウモロコシ、野沢菜などを茹でたり、下釜では洗濯にも使われています。
(野沢菜などを茹でている写真を撮っていたのですが・・・?)

温泉街には13箇所の外湯があって、宿泊以外の人も無料(賽銭箱が入り口にありますが)で入れます。

(この写真も観光HPより)
その中でも、大湯(おおゆ)がシンボルとも言われるだけあって、江戸時代の趣を伝える湯屋建築が見事です。
昔、来た時は湯船が一つでしたが、熱い湯とぬるい湯の二つになっていました。
熱いお湯は苦手なので、ぬるい湯に浸かっていましたが、5人程しか入れなくて、次々と待っている人も居て、直ぐに上がりました。

別の外湯「十王の湯」の外に温泉玉子を作れるところもあって、横の店で卵を買うとネットも貸してくれるので、40分~1時間ほど茹で釜に浸けておくと出来上がるので、一つ食べて見てみたら?と、お店のお爺さんさんが茶碗にお醤油を入れてくれたので、試食したら、すごく美味しい温泉卵になっていたので、お土産にしました。

ペンションにも小さな内湯があって、いつでも入れるようになっていたので、休む前と寝起きにも入ってきましたが、帰り道にも小谷温泉露天風呂にも寄りました。
露天風呂2箇所、外湯2箇所、内湯2箇所3回と温泉三昧の旅でもありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、昨日の日記の蕎麦の上に写っていた「山ウド」の料理ですが、
山ウドは捨てるところがない山菜なんです。

葉先は天ぷらにします。(苦味もなくて、美味しいですよ)

むいた皮はキンピラにして(風味豊かな味)、茎は4~5cmの短冊切りにして、さっと茹でて酢味噌和えにします。

また、例のグリーンアスパラ・・も5分ほど茹でて、網で焼いて(オーブンでも可)焦げ目を付けて、マヨネーズと醤油を混ぜたタレを付けて食べました。
[PR]

by hirospace | 2007-05-07 20:18 | 旅行 | Comments(2)  

飯山の菜の花まつり

5月の連休は大抵、信州に出向いています。
去年は白馬・小谷で「塩の道まつり」にエキストラになって参加していましたし、
この「菜の花まつり」にも一昨年も来ていました。
今度は木島平の馬曲温泉や野沢温泉にも行く予定で、途中に寄りました。


千曲川に沿って走る国道117号はフラワードーロと名づけられているのですが、堤防に菜の花が植えられていて見事な景観になています。


中央橋を渡って菜の花公園に向かう景色も、実に綺麗な彩を見せています。
前に来たときよりも菜の花の作付け面積が広がっているように思いました。

飯山市では唱歌「朧月夜」のイメージから、親しみのある菜の花を咲かせて、日本の春の原風景として、地域の活性化にも取り組まれているようです。


会場に朧月夜のメロディーが流れていました。


菜の花公園から千曲川を見下ろすと一面に広がった菜の花畑は実に見事な風景です。


たくさんの方が菜の花畑の中を散歩されたり、写真を撮っている方やお家族で寛がれていました。


たくさんの露天が並んでいましたが、美味しそうなグリーンアスパラが焼かれていたので、
買い求めて写真を撮っていたら、売り子のお嬢さんが「私たちは撮ってもらえないんですか?」と言われたので、僕は撮ると失礼かな?と思っていたのですが、喜んで撮らせていただきました。(とても、感じのいい素敵なお嬢さんでした!)
近くの戸狩温泉辺りがこのアスパラの特産品で、以前も朝食に出されてすごく大きいのに柔らかくて美味しさに感嘆したことがありました。


露天でも売られていたのですが、すごく高い値が付いていたので、野沢温泉に泊まったので、翌朝、畑で作業をしているおばあちゃんから安く分けて頂きました。


真数の特産品と言えば戸隠などの蕎麦が有名なのはご存知でしょうが、ここ飯山市も蕎麦の美味しいところです。
途中の山の中で「幻のそば」という看板が見えたので寄りました。
「富倉」というところが蕎麦の産地になっていて、地元の粉を使って蕎麦を打っていました。
細くて歯ごたえのある風味のある蕎麦でした。
[PR]

by hirospace | 2007-05-05 10:05 | 旅行 | Comments(2)  

舟伏山

岐阜市から小一時間ほど北に向かったところ(山県市美山町)の舟伏山を岐阜のお友達に教えていただいて行って来ました。


花の多い山として、地元では知られていて人気のある山と言うことでした。
ヤマブキとシャガが群がって咲いている林道を走り、9時半に駐車場に着いたのですが、もう満杯で大半の方が登られた後でした。
道路わきに車を止めて、準備をして東ルートから登りました。

標高1040mで登山口から頂上まで3.8kmになっていましたが、いきなり急な坂が続いていましたが、ず~っとスミレが咲いて、よく整備されて歩きやすい登山道でした。


二輪草もたくさん咲いていました。
でも、ちょっと見たら一輪草かな?と見間違えるものや、この花のように三つ咲いているものもありました。(僕はこれを見つけると不倫草だと言っていつも仲間を笑わしています)


一人静も白い花を咲かせていましたが、僕はあれこれと自慢げに花の名を騒がしく仲間に教えていました。


珍しい「黄花イカリソウ」を初めて見ましたが、もところどころに咲いていました。


この山の一番人気の花が「イワザクラ」・・もう1週間もすれば、枯れて見られなかったかも知れませんでしたが、間に合いました。


なんで、ごく限られた、こんな難しい場所の、石の隙間にしか咲かせないのか不思議に思いました。


ありふれていたら、そんなに話題にならない花かも知れませんが、この場所に濃いピンクの花が目立っていました。



それと、調べていたら好きな「フデリンドウ」が見られるようだったので、楽しみにしていましたが、地面から5~6cm程の高さに、2cmほどの小さいい花が咲くので、上から見ただけならスミレと思って見過ごしてしまいそうでした。

でも、場所によっては結構点在していましたが、リンドウの花はやっぱり洒落た形で、綺麗な花で魅力的です。


写真にも時間をかけていたので、2時間半あまりかかって、頂上に着きました。
頂上は広くて、もう食べて下りた人が多かったので、空いていました。
お天気が良くてさわやかな風が吹いて、ご飯を食べてから、朝が早かったので、ちょとお昼寝したい気分でした。


西コースの下りで、「ヤブレガサ」が密集していて、葉が風に揺られて、まるでバイ~と手を振ってくれているように見えました。


そして、新緑が逆光になって、綺麗に見えていました。

その他の花は<こちらから>見てください!
[PR]

by hirospace | 2007-05-01 09:39 | 旅行 | Comments(5)  

ホタルイカ漁

ホタルイカが網が引き上げられる時、真っ暗闇の中にコバルト色の光を発色する幻想的な光景に惹かれて、富山県・滑川(なめりかわ)から観光船に乗って、何度も見学に行っているのですが、いい写真が撮れた試しがないのに、懲りないで、また行って来ました。


夏のホタルもそうですが、プロが使っている明るいレンズを使うほかないと思っていたら、セミプロ級の友人がISO800でシャッタースピード1200なら撮れるやろ!と教えてくれたので、急に行く気が起きて調べていたら富山県・新湊の海王丸パークからも観光船が出ていることが分かって申し込むと今朝の予約が取れて行ってきました。


滑川は団体のツアーも入るので専用の大きな観光船ですが、ここは個人が対象で船も小さくて、今日は見学者も10人しかいませんでした。

新湊の沖にはホタルイカ専門でなくて、年中10基あまりの定置網が仕掛けられていて、それにホタルイカ漁も行われています。
ですから、2月頃からでも小さいものが獲れるのですが、3月の中旬から4月の20日頃までが手頃な大きさの一番美味しいホタルイカが捕れます。

港から2km程沖に仕掛けられた定置網で漁の準備が出来ると連絡が入って、朝の3時過ぎに出港します。

2艘で網を囲むようにしてから網が狭められて、引き上げられます。

小さなタモで人がですくい取って、最後に大きなタモがウインチで引き上がられます。


(観光用のポスターから)
ホタルイカは身に危険を感じると発色するので、網を急に動かすと青い光が見られます。

滑川の方は観光のためにショーがうたい文句であって、瞬間ですが一面に光が広がるのですが、

こちらは漁の様子を見学さてもらっている状況なので、観光船が漁の船に横付けされて、手に取るように見られるのですが、期待していたような光のショーは見られませんでしたが、漁の方はたくさん水揚げされていました。


5時ごろに港に戻ってくると、東の立山連峰の上空が赤くなって来ていました。
帆船は初代の海王丸で、退役後、この新湊に係留されています。

教えてもらった条件でカメラを設定したのですが、やはり暗すぎてほとんど撮れていませんでした。
設定を変えたものも、双方の船が動いていて、スローシャッターだとボケた青い線が写っていました。

これは北陸読売新聞の記事ですが、滑川ではこんな風景が見られます。(去年の読売4月11日・富山版)
でも、これは新聞記事用に設定されたもの?で、観光船ではこれほどのものはみられませんでした。


c0022275_205969.jpg

[PR]

by hirospace | 2007-04-08 17:21 | 旅行 | Comments(5)  

信楽の狸

先日の月ヶ瀬の観梅の帰りに、いちご農園によって、イチゴ狩りを楽しみました。

大きなフレームに白い花が咲いて、いっぱいイチゴがなっていました。
少し小さめの方が味が濃くて美味しかったですが、欲張って20個以上も食べました。
早春のイチゴが一番元気なので、美味しいです・・と農園の人が話していました。

その後、信楽に寄る予定になっていたので、楽しみにしていたのですが、
自由に散策できるのか?と思っていたら、製造販売のお店に入っただけでした。


店主から登り窯の説明や信楽のタヌキ謂れなどを説明がありましたが、信楽に来た時には決った店に寄っているので、縁起物と言われているタヌキを見ていました。

日本では昔から、タヌキが童話に登場したり、「タヌキ親父」「タヌキ寝入り」「捕らぬ狸の皮算用」とか人を化かすと言われたりされてもいますが、親しみを感じてもいたように思います。
手まり歌に「雨のしょぼしょぼ降る晩に、まめだ(豆狸)が徳利もって酒買いに」という節がありますが、置物のタヌキはこの「酒買い小僧」のスタイルです。
清酒が庶民に飲まれるようになったのは江戸初期で、酒屋に徳利をもって行き、子供に使い走りをさせていたようです。

また、タヌキの徳利に「まる八」(丸の中に八)の字が書かれているのをご存知だと思いますが、これは尾張徳川家の裏紋で、尾張八郡を支配するという意味があります。
また、家康はあだ名がタヌキであったことから、常滑焼で「まる八」の紋を入れて作ったものが人気を博して広がっていったという説もあります。

縁起物として、店の前に置かれるようになったのは「他を抜く」という意味合いがあるようですが、八相縁起(笠は災難除け、腹は太っ腹、顔は愛想がよく、大きな目は見通しが効く・・・)が「まる八」のことに結び付けて言われるのは間違っているようです。
(当日も店主が間違って説明していたようですが・・?)


せっかく信楽に来ても陶芸の森などに行けないのは残念でしたが、ツアーの付録のようなもので仕方がないかな?と諦めました。
もう一つ、信楽高原鉄道に乗るという予定も入っていました。

もう何年前になるのでしょうか?あの大きな事故があった鉄道ですが、
まあ、このツアーに参加しなければ乗る機会などないローカルな鉄道です。
信楽の駅前には6mもの大きなタヌキの建てられてありました。

ホームにもたくさんのタヌキが並んで、日の丸の旗を掲げていました。
これは昔、昭和天皇が信楽を訪れたときに沿道のタヌキに日の丸の旗を立てたことから来ているようです。

信楽から貴生川まで約15kmを20分かけて、ディーゼルの音を高原に響かせて走りました。
[PR]

by hirospace | 2007-03-22 17:40 | 旅行 | Comments(3)  

月ヶ瀬へ観梅に

奈良の梅林の景勝地・月ヶ瀬梅渓にバスツアーで行ってきました。
参加者は僕よりも年齢が上の人が多くて、夫婦連れと女性ばかりの仲間で、男一人での参加は僕と隣の席に座った人と二人だけでした。


出かけるときも、雪が降ったり止んだりでしたが、鈴鹿山系の甲賀付近でもチラついていましたが、名阪道を下りて月ヶ瀬に着いた頃は日も差して、それ程寒くもありませんでした。

名張川を見下ろすような山肌に梅林がありましたが、吉野の千本桜の風景を想像していたので、それ程大きな規模でもありませんでした。


混雑は思ったほどではありませんでした。
梅も峠を越えた感じもありましたが、紅梅、白梅が景観を春の色に染めていました。


茶店では盆栽や梅干がたくさん並んでいましたが、名物の柿の葉寿しと三輪の温そうめん
を食べました。



茶店の横にある展望台から見下ろす景観が素晴らしくて、月ヶ瀬渓梅を楽しめました。

バスガイドの説明が上手くて湖北から湖東の戦国時代の話が面白くて退屈はしませんでしたが、ゆっくり写真を撮る時間がなくて、ちょっとツアーの良し悪しを感じた日でした。
[PR]

by hirospace | 2007-03-19 12:52 | 旅行 | Comments(3)  

戸隠

戸隠には春遅く奥裾花に咲く水芭蕉の時と紅葉の時に何度も訪ねているのですが、冬に訪ねたのは初めてでした。


戸隠山や鏡池という景観地の写真を撮るのが目的ですが、戸隠そばを食べることも別の楽しみです。

戸隠奥社は一昨年の秋に参道を40分余り歩いてお参りしてきましたが、この日は積もった雪が凍っていて、シューかアイゼンでも付けないと歩けませんでした。

後ろに控える戸隠山が雪を抱いて、より険しい山に見えました。

戸隠は冷涼な気候に育つ風味豊かな「霧下そば」の産地であり、戸隠神社へ詣でる信者への振るまい料理として、古くから蕎麦の食文化が伝わってきたのです。
宝光社、中社周辺に30数店が味を競う蕎麦屋はもとより、宿ごとに、そば打ち名人がいるのも戸隠の魅力です。
山の澄んだ伏流水を使うため、喉ごしと風味が生きるそばが出来上がります。

いろんな店の蕎麦を食べましたが、いつも長い列を作っていて入れなかった奥社近くのお店「そばの実」に今回は並ばなくても入れましたが、この雪の時期でも店内は一杯でした。

注文をして40分近く待って出された「天ぷらざると蕎麦三昧」で、この「ボッチ盛り」が戸隠特有のものです。
やはり期待を裏切らない蕎麦の風味があり、辛味の利いた おろしや胡桃のつけ汁とが絶妙で美味く感じました。

この店の横から林道があって、鏡池に行けるのですが、この時期は通行止めになっていて、シューを付けて50分余り歩かないと行けませんでした。
もう少し、時間に余裕があって、膝の調子が良ければ寄りたかったのですが、今回は諦めるほかありませんでした。


帰り道は、山越えをして鬼無里に出て、白馬経由で戻ってきました。
いつも寄って白馬三山の写真を撮るところからは、曇っていて白馬連峰の全景が見られませんでした。
[PR]

by hirospace | 2007-02-17 14:10 | 旅行 | Comments(2)  

諏訪湖

もう少しシューを楽しみたい気持ちがありましたが、夜から膝の調子が悪くて、階段の昇降にも傷みを覚えて、大事をとって断念しました。

それでペンションでゆっくりして、山から下りて諏訪湖に向かいましたが、蓼科湖の横を通って茅野市内に入ると気温が違いました。
諏訪大社上社の看板を見つけて、訪ねたことがなかったので寄ることにしました。

さすがに「全国一万社の総本社だけあって、荘厳な鳥居が立っていましたが、
入り口のお手洗いの横に、お水がと思えば、温泉のお湯が引かれてあるのに驚きました。

「本宮」「前宮」の上社と「秋宮」「春宮」の四社から成り立っています。
御柱祭りは七年毎(申と寅)社殿の四隅にある樅の大木を立て替える行事で、一社の四隅に四本ずつ計十六本の御柱が御用林から曵き出されてきます。

大きさは最大で周囲3メートル、重さ10トンの巨木です。

お参りを済まして、境内は山の陰になって、すごく冷え込んでいたので、参道のお店で温かい甘酒とこんにゃくを食べました。

諏訪湖に出ると、この時期なのに春の佇まいで、沢山の人が散歩などを楽しんでいました。

此処にも寄りたいところがあって、片倉館に車を止めました。
製糸業で成功された片岡家が英国で体験した従業員の福祉のための作られた施設が、現在も大衆浴場として「千人風呂」として一般に利用されています。
昭和の建築としてスクラッチタイル貼りの立派な建物です。

内部も当時のままで保管されていて、レトロムードが漂っていました。
見学はダメだと書かれていれたので、内部がどうなっているか関心もあったので500円を払って入ってきました。
プールのような感じで、底には玉砂利が敷いてあって、立って入るようになっていました。

ちょっとだけなんですが、時間がかかり、予定をしていた「間欠泉」が豪快に吹き上がるところを見過ごしました。

間欠泉センターに着いたときには後の祭りで、噴出口から湯煙が少し上がっていましたが、次は1:30になるので、諦めました。

お昼になったので、蕎麦を食べようと言う話から、本場の戸隠そばを食べに行きたいと言うことになり、岡谷ICから長野を経由して戸隠に向かいました・・。
[PR]

by hirospace | 2007-02-16 13:39 | 旅行 | Comments(1)  

白樺湖の氷燈祭

スノーシューを終えて、ロープウエー乗り場の直ぐ近くにあるペンションに戻りました。

高台にあって、こじんまりとしているのですが、温泉があるのが嬉しくて、直ぐに冷えた体を温めて、こわばった筋肉を解して、

部屋に戻ると窓から西の空が少し赤く染まっていました。夕食まで少し時間があったので、転寝しました。


夕食時間になったので、食堂に行くと、お洒落な雰囲気になっていました。
後から出かけるので、地ビールを一口だけ飲んで、食事を頂きました。
割安な宿泊料金でしたが、そこ~のフルコースで美味しかったです。


ペンションから、白樺湖までは15分ほどですが、お天気が良くて、-8℃と冷え込んで道路が凍結していました。
冬の空に輝く星ががすごく沢山見えて、綺麗でした。

白樺湖の「すずらん湯」の横にある会場内に、氷が積み上げられて、彫刻がされて、四色の蛍光管で彩りされていました。

氷の門をくぐると、氷の城が構えていました。


ハルピンのソフィア教会をイメージしたものやバーカウンターも作られていました。

子供たちが大きな氷の滑り台を滑っていましたが、ガタ~で止まらないので、大声を上げていました。

機関車の運転台から・・ポーズ

もっと大きなイベントを想像をしていたのですが、お昼に壮大な雪山から来たので、氷の作り物が小さく感じたのかもしれません。
外に置くわけもいかないし、気温が高い日もあったようで一部融けていて、かなり管理が大変なようでした。

せっかく、温まっていた体がまた冷え切って、ペンションに戻って、また温泉に飛び込んで休みました。
[PR]

by hirospace | 2007-02-15 08:39 | 旅行 | Comments(2)  

蓼科スノートレッキング

1月の上高地に続いて、連休は蓼科スノートレッキング倶楽部のスノーシューツアーに参加しました。


10日はお天気も良くて、暖かい日だったようですが、
11日の朝は薄雲りで、蓼科ロープウエーの麓駅(1700m)では-6℃でしたが、
10:00AM横岳山頂駅(2237m)に着いたときは吹雪いていて-12℃でした。

寒いというより、顔が痛くてフェースマスクを着けました。
今回は荷物を軽くして、寒さに対しての準備を十分にしていました。



登山道から道は赤いリボンで印があって、踏み固められていて、シューを付けていなくても歩けそうでした。


でも、新雪の上を歩くと、キュ~と音がして、感触も柔らかくて気持ちよく、シューの値打ちがよくわかりました。

でも木や草の根元に入ると腰まで埋もれて、上がるのに苦労もしていました。

午前中は縞枯山山荘まで歩きましたが、次第にお天気が良くなって、雲間から太陽が顔をのぞかせると、周りに景色も違って見えました。

秋までは木道の上を歩いているのですが、雪があるので湿地帯もシューを履けば歩けます。


お昼は雪の中に円い輪を掘ってテーブル代わりにしました。
コンロで火を起こして、ガイドさんが用意してくれたチーズホンデュが暖かくて美味しかったです。

持ってきたおにぎりやお茶も冷凍庫のような温度の中では凍っていました。
ホッとワインを飲んだり、手袋をしている手を湯で温めながら昼食を食べました。
小屋のストーブがあるところで、お昼にしてくれたら・・とも思いましたが、これも経験なのでしょうか?


お昼からは麦草峠の方に向かったのですが、八ヶ岳が少しずつ見えて来ました。


後ろの山向こうには車山高原のスキー場が見えていました。


新雪の吹き溜まりになっているところから、ガイドがジャンプしました。

それを見て、順番に雪の中にジャンプして遊びましたが、小麦粉の中に落ちたような感触でした。


風の強いところでは、霧氷が面白い形で枝に着いていました。

晴れて、青い空がのぞくと、山全体の樹氷とコントラストが綺麗でした。


5時間あまりパウダースノーの中を歩いて、出発地点に戻って来ました。
お天気も、まあ~だったし、地元では体験できないことで大満足でした。
[PR]

by hirospace | 2007-02-12 22:40 | 旅行 | Comments(5)