カテゴリ:登山( 181 )

 

富山・-八尾の里山で山菜取りとBBQ

5月の連休は会の仲間と富山の八尾の里山で山菜を採取するのが、近年恒例になっています。
c0022275_10573478.jpg


場所によって、コゴミ、ワラビやぜんまい、たらの芽、コシアブラやヤマウド、スス竹が採取できます。
c0022275_10581287.jpg

c0022275_1116284.jpg

そして、直ぐに天ぷらにしたり、持ち寄った具材で焼き蕎麦や焼肉などを、歓談をしながらいただきます。
c0022275_10583719.jpg

c0022275_1522264.jpg

また、持ち帰った山菜は掃除をして、あく抜きをして、調理をします。
ちょっと手間な作業ですが、仕上がりを想像ながら作るもの楽しいものです。
c0022275_11133444.jpg

c0022275_1113484.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-05-08 11:14 | 登山 | Comments(3)  

西方ヶ岳からサザエヶ岳を縦走(敦賀半島)

c0022275_1531544.jpg

敦賀半島に位置する西方ヶ岳、さざえヶ岳は標高が764m、685mと低山ですが、海から直接立ち上がっているので、標高差もアップダウンを含めると900mほどになります。
c0022275_1533511.jpg

また、途中には大きな岩が点在していて変化にも飛んでいます。
c0022275_1541215.jpg

また、さざえヶ岳の山頂からの敦賀湾をのぞむ眺めは最高で、とくに水島という砂浜(解す浴場)を山頂から見ると美しくて「北陸のハワイ水島」とも呼ばれて、夏には関西、中京方面からの海水浴客には人気のあるところです。
c0022275_1543227.jpg

縦走すると8kmあるので、登山口と下山口に車2台を止めて行くか、便利なのがツアーで今回は北日本観光のツアーに参加したのですが、43名の定員一杯の人気分ぶりでした。
c0022275_1551224.jpg

大人数なので、何度も渋滞したりしていましたので、9時から登って16:00に下山するという日程になりましたが、和気あいあいとした楽しい登山でした。
c0022275_1562784.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-04-30 15:05 | 登山 | Comments(1)  

白峰・西山でスノーハイク

午前中、仕事をして12時から、山に向かったのですが、
今日は風もなく、暖かくて、冠雪した白山から別山までの、山並みも綺麗に見えていました。
c0022275_15383161.jpg

白峰から取立山に向かう途中に西山地区にクロスカントリーのコースがあります。
c0022275_15463648.jpg

夏場は高山植物園になっていて、ここからは白山が綺麗に見えるので、展望のベストポジションにもなっています。
c0022275_1542429.jpg

西山には何度か来ていましたが、今日のような最高の景観が見られたのは初めてでした。
山頂の稜線の先に眺める白山の山並みには感動しました。
c0022275_15425335.jpg

これまで遠くのゲレンデに色々と訪ねていましたが、こんな近場に最高のコースがあるとは全くの下暗しでした。
c0022275_15434182.jpg

ただし、最短コースだと上りが約1時間で下りが40分ぐらいですから、ちょっと物足りない距離かもしれませんが、その為、登りは緩やかな無雪時の登山コースを歩いて、1時間20分ほどかかりましたが、下山に上りの最短コースを使いました。
c0022275_15441556.jpg

(登山口のセミナーハウス)
[PR]

by hirospace | 2015-02-08 15:46 | 登山 | Comments(1)  

医王山で雪山ハイク

今年初めてのイベントは金沢の医王山での雪山ハイクです。
お天気が雪でも、初歩きなので参加者も10名と盛況でした。
c0022275_865415.jpg

8:30金沢のスーパーの駐車場に集合して、2台の車に分譲して、医王山の見上峠まで上がりました。
c0022275_8304981.jpg

最初は青空も見えていたのですが、医王の里の東屋で暖かいコーヒーを飲んでいるyと、雪模様になってきましたが,途中までは車道なので除雪もされていて、登山道に入ってシューや感じ気を着けました。
c0022275_87970.jpg

1:30ほど歩いて西尾峠に着きましたが、雪が強くなってきたので、その先・奥医王山か覗まで行く積もりもあったのですが、東屋まで下山しました。
c0022275_874764.jpg

東屋は屋根雪が落ちて壁のようになって、かぜを塞いだようになって、助かりました。
c0022275_8293043.jpg

おj昼は「ぜんざい・雑煮」で餅を焼いて、鍋に入れました。
体が冷えているので、温かい汁物は有難く感じました。
お餅がたくさんあるので、きなこの安倍川餅も頂き増したが、久しぶり食べて一番美味しいと思いました。
c0022275_8302416.jpg

冷えた体を浅の川温泉「湯楽」の露天風呂にゆっくり浸かってぬくもりました。

http://www.exblog.jp/blog/blog_preview.asp?fmt=update
[PR]

by hirospace | 2015-01-13 08:31 | 登山 | Comments(1)  

納会・ 瀬戸蔵山

土曜日から、結の小屋で会の納会があったのですが、
僕は金沢からの2名と共に23日だけの参加になりましたが、久しぶりに旧友とも顔を合わせることが出来、楽しむことが出来ました。
c0022275_10321568.jpg

当初、大辻山だったので、登ったことがない山で楽しみしていたのですが、お天気が悪くて、瀬戸蔵山に変更とのことで。ちょっと残念な思いも・・・。
c0022275_10334286.jpg

しかも、ゴンドラが定期点検で休止のために、百間滑経由であの急坂を上ることになりました。
以前、一度登ったことがあったのですが、大半が階段に整備されて、上り易いようでも足にくるような感じで、すごく長く堪えました。
c0022275_10352438.jpg

途中、楽しみにしていた なめこが採取できたので、別の意味で満足感がありました。
c0022275_10403743.jpg

c0022275_10371210.jpg

山頂近くは残雪もあって、寒かったですが、それぞれの鍋を焚いて、暖を取りながらの昼食は楽しかったです。
c0022275_10382059.jpg

食後、じっとしていると体が冷えてきたので、下山することに、しましたが、くだりは1時間半ほどで着きました。
c0022275_10383880.jpg

麓の温泉で汗を流して、帰路に着きましたが、今回はお友達の車に便乗させてもらったので、すごく楽でした。
[PR]

by hirospace | 2014-11-25 10:40 | 登山 | Comments(1)  

万波高原の散策


富山県・八尾と岐阜県・河合村との県境にある万波高原では毎年、散策と山ブドウ狩りをしてBBQを楽しむのですが、秋晴れの下、風を感じながら、雄大な紅葉を満喫しました。
c0022275_1555849.jpg

でも、今年は「山ぶどう」が全くの不作でした。
かなり探して歩きましたが、蔓に実がまったく付いていません。
c0022275_15561637.jpg


また、万波高原では立ち枯れの木が少なくてキノコもあまり収穫できませんでした。
c0022275_15555481.jpg

渓流にはイワナやヤマメが禁漁期間に入った所為か?30cmほどの魚が悠々と泳いでいて、名人は石の下から手づかみで小さなヤマメをつかみました。(もちろんリリース)
c0022275_15564565.jpg

その後、大長谷まで下りて、適当な河原を見つけて、具沢山のキノコ鍋や天ぷらをを調理して、皆で歓談しながら頂きました。
c0022275_1557156.jpgc0022275_1557417.jpg
[PR]

by hirospace | 2014-10-27 15:59 | 登山 | Comments(2)  

能郷白山 20140915

昨日は敬老の日・・ややもすれば、孫から「おじいちゃん、おめでとう!」なんて言われて、和んでいたのかも知れませんが、
福井県大野市と岐阜県本巣市の県境にある能郷白山に登って、一緒だった福井の女性から「うそ、若い!」と言われて、ご満悦でした!

大野付近の山には近年に経ヶ岳、冠山、部子山、銀杏峯など登っていますが、大野市内からR157を50km(家から110km.2時間半)も走らないと着かないので、なか~行く機会がありませんでした。
c0022275_10181251.jpg
荒島岳
能郷白山は百名山選定の際に荒島岳に競り負けて二百名山なっています。
また、ノウゴウイチゴはどこにでも見られますが、この山の麓の能郷で初めて見つかったところに因んでいます。
c0022275_10191128.jpg
国道脇の駐車場
登山口は岐阜県側の能郷谷からは3時間半ほどかかりますが、福井県・温見(ぬくみ)峠からは2.4kmで2時間半で比較的楽に登れます。
地理的には不便な山ですが、春先は濃尾平野からの冠雪風景が美しくて岐阜、名古屋、関西方面からの登山者も多くて、比較的人気のある山です。
c0022275_10192674.jpg
登山口
登山口が国道脇にあるというのも、ちょっと驚きというか珍しいとも思いました。
c0022275_10234365.jpg

登山口から1時間半は登り(一部に急登)が続きますが、中間点からは登りもゆるくなって1時間で山頂に着きます。
c0022275_1024314.jpg

c0022275_10295858.jpg

山頂は表示板もなく見晴らしが悪くて、その先の能郷白山奥宮の祠の辺りがいいですが、この日はガスがかかって、白山も伊吹山、恵那山も見れませんでした。
c0022275_10242363.jpg
能郷白山奥宮の祠
花はリンドウが登山道脇にたくさん咲いていて、和んでいました。
c0022275_10245830.jpg

c0022275_10275257.jpg

[PR]

by hirospace | 2014-09-16 10:22 | 登山 | Comments(0)  

20140824 立山・室堂散策

会の仲間と新潟のグループがコラボで散策する企画があったので、5月以来仲間ともお会いしていなかったので、参加しました。

金沢や小松からはバス会社の立山・室堂直行便があって、時間の制約はありますが、料金も安く(5500円弁当付き)、乗り換えもなく便利なので、今回初めて利用しました。
c0022275_1012672.jpg

朝6:00小松駅前出発で、松任、金沢経由で10:00に室堂に着きます。(帰りは15:30発)
時間はかかりますが、ゆっくり休んでいけるので楽々到着です。
ターミナルの屋上に出ると、皆さんが出向かえてくれていました。
c0022275_1012153.jpg

c0022275_1082564.jpg

でも、お天気は生憎の雨、これで立山は雨や霧が3回も続いています。
お天気が良ければ、5時間もあまりもあるので、雄山まで登って来る予定てもいたのですが、
なんと雨合羽を入れ忘れていました。
それで、登山は諦めて、友人の傘を借りて仲間と室堂付近の散策に出ました。
c0022275_102226.jpg

c0022275_1052447.jpg

山野草を愛でたり、写真を撮ったりして、みくりが池まで来ると、雨も上がりましたが、汗と雨で塗れたので寒くて、ロッジで温かいコーヒーをいただきながら、しばらく談笑しました。
c0022275_103190.jpg

皆は弥陀ヶ原に下りて、散策を続けるようなので、室堂で別れて、
バスの仲間と博物館などを見学したり、時間までまで散策して来ました。
帰り道もいつもは一人で運転しないとならないのですが、
今日はバスの中で居眠りをしながら戻りました。
c0022275_1055528.jpg

[PR]

by hirospace | 2014-08-26 10:08 | 登山 | Comments(1)  

白山で おこじょに出会う

今年のお盆休みは特に予定がなかったので、
山友が自然解説員の当番で14-16日に室堂付近にいることが分かって出向きました。
c0022275_1047545.jpg

でも、お天気が怪しいので、登山口まで行って、雨が降っていたら戻るつもりでしたが、幸いにも曇っていて降っていなかったので、市ノ瀬から6:00のバスに乗って、6:30別当出合から砂防新道を登りました。
c0022275_10483842.jpg

甚之助小屋の手前で、草むらから「おこじょ」が出てき、チョコ~と可愛い仕草で出たり入ったり、珍しく5分程度姿が見られました。
c0022275_10491784.jpg

数年前に一度見たことがあったのですが、足元にも来てくれて、カメラに捉えられたのは初めてでした。
おごじょに出会うと、お天気が荒れると言われることがありますが、その後、その通りになりました。
c0022275_10494970.jpg

涼しくて快適で、2時間余りで甚之助小屋に着きましたが、そこで雨がポツ~と来たので、合羽を羽織りましたが、気温も低いので暑く感じませんでした。
南竜との分岐辺りから雨足が強くなり、登山道は川のようになりました。
c0022275_10501357.jpg

10:30黒ボコ岩に着いた時は霧の中です。
でも、しばらくすると、晴れ間も見えて、登ってきた弥陀ヶ原が見えました。
c0022275_10505259.jpg

そして、11:00に室堂ビジターセンターに着きました。(今回は4時間半で登られたのでまま~かな?と思っていました)
風が冷たく、センターの中ではたくさんの人が温かいラーメンやお湯を沸かして、コーヒーを飲んでいました。
c0022275_1051444.jpg

今日は荷物を軽くするためにコンロも持ってきていなかったので、食堂で温かいカレーライスを食べましたが、美味しかったです。
c0022275_1052156.jpg

山頂はガスがひどいので、どうしようか?と思案をしていると、「ののさん」が後ろから声をかけてくれました。少し話をして、体も冷えたので、山頂には登らずに黒百合の写真を撮って、下山することにしました。
c0022275_10522947.jpg

今年は花の状況が悪いと聞いていたのですが、この時期では盛夏も過ぎて、花も終わりかけていて、わずかに黒百合とイワギキョウ、シモツケソウとハクサンフウロが目に付いただけでした。
それでも、おこじょに出会えて、写真に撮れたのは幸運でした。
c0022275_10531834.jpg

[PR]

by hirospace | 2014-08-15 10:54 | 登山 | Comments(5)  

久しぶりの登山 赤兎山

海の日は山に登っているのが、これまでの通例。
この日も山友から白山に誘われていましたが、入院・手術後約8週間が経過するので、大丈夫だろうと思いながらも、体力、気力に自信がなかったので、諦めたのです。
でも、短くて、登りやすくて、出来れば夏の花が見れる山を思い浮かべた結果、「赤兎山」なら大丈夫かな?と思って、意を決して出向きました。

白山麓の道路を走るのも今年初めて、山が目映く、ちょっと気持ちも昂りました。
R157小原から林道に入って、ゲートで300円を払うとロープを外してくれますが、登山口まで11kmもあります。
c0022275_15134293.jpg

9:00に着きましたが、第2駐車場まで満杯でした。
夏休みの連休だから多いのだと思いましたが、白山はの道路が昨日の大雨で通行止めになっていたようで、一部の方がこちらに変更されたためでもありました。
c0022275_1514699.jpg

登山口から小原峠の分岐までは楽な上り道で約1時間、
c0022275_15142829.jpg

ここから山頂までは少々急登で悪路になりますが、肩に負担がかかからないように、用心をしながら登りましたが、11:00に1629mの山頂に到着しました。
c0022275_1514488.jpg

お天気は生憎雲がかかって、白山は見られませんでしたが、
c0022275_15161586.jpg

その先の避難小屋から前山に向かうと、赤池湿原辺りにニッコウキスゲの群生が見られました。
c0022275_15185079.jpg

薄曇りで、高原を吹き抜ける風が涼しくて、多くの人が小屋の周りで昼食を楽しんでいましたが、僕は一人で、荷物を軽くするためにパンとジュースしか持って来ていなかったので、さっと食べて山頂に戻って、下山しました。
c0022275_15165891.jpg
経ヶ岳
不安だったのですが、体力的には全く問題はありませんでしが、山頂に着く手前は結構辛かったし、現在の僕には往復8km、高度差500mで登り2時間半、下り2時間程度の山が限界かな?とも思っていました。
[PR]

by hirospace | 2014-07-22 15:18 | 登山 | Comments(3)