<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

ネジ花

この花を見かけると、楽しい気分になられるのは、ピンクの可愛い花の所為もありますが、


その花のつき方が右巻きだったり、左巻きになったりしているからかも知れません。
写真の左が右巻きで、右が左巻きになっています。


また、巻かないで真直ぐに咲いているものもあります。
野に咲くランの一種で、花は小さいですが、すごくお洒落です。


この花は別名「モジズリ」とも言われますが、福島県の織物で「信夫もじずり」というものがあって、石に草木を擦り付けて、その色を移して捩れた模様になっています。
その名前から由来しているとも伝えられています。

ねじ花を紹介するページには この句がよく登場しますが、素敵な歌だと思います。
「陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆえに 乱れ染めにし 我ならなくに」
(陸奥のしのぶもじ摺りのように、つれないあなたゆえに、私の心は千々に乱れています) 
[PR]

by hirospace | 2008-06-29 17:27 | 草花 | Comments(2)  

タチアオイ(立葵)

秋葉原の事件や岩手・宮城地震が起きたりして喧騒な日曜日が続いていましたが、昨日は大雨で被害が出た地域もありますが、こちらは平穏でした。
奥美濃の山に登山を予定していましたが、雨予報で延期をしたので、力が抜けた感じで図書館で本を読んだりして過ごしていました。

dc062301.jpg
この時期に僕の眼を楽しませてくれる花には、アジサイのほかにタチアオイの花があります。
dc062302.jpg  
タチアオイの花は下段から咲き始めて、上の段が咲き終る頃には梅雨が明けると言われていますが、かなり上まで登ってきましたが、梅雨明けは何時ごろになるのでしょうか?。
dc062305.jpg   
近所の農家の庭先に今年も紅い大きな花が咲いていて、通るたびに目に入ってきます。
南国のハイビスカスの花を想像させるようで、似ているのもそのはず同じアオイ科の花ですね。
[PR]

by hirospace | 2008-06-23 11:12 | 草花 | Comments(4)  

公園の梅の実

昨日、北陸も入梅に入った模様だ?・・と発表しましたが、雨はほとんど降らずに蒸し暑い日になっています。
昔から、異常気象というものがありましたが、最近は雨が降っても、風が吹いても観測史上最高(大)のXXという表示を見ることがあります。
比較的温暖な気候に恵まれていたように思われましたが、亜熱帯の気候に近づいて来たような気もします。
dc062003.jpg
話は変りますが、公園の梅の実が大きくなって、少しずつ紅く色づいてきました。
梅園ではありませんから、大量の収穫は見込めませんが、6月の終りから7月の初めには収穫されて、施設などに届けられています。
dc062002.jpg
僕は梅干を漬けるために、毎年、青梅を購入していますが、去年は宮崎産で早く送られてきましたが、今年は和歌山のみなべの完熟梅を早くに注文をしてありますが、朝、収穫出来たものを当日送る予定なっていますから、未定とのことで今月末頃になるのかな?・・待ち焦がれています・・。
dc062004.jpg
公園の中は、ツツジやカキツバタも枯れて、金糸梅の黄色い花が咲いているだけで、葉桜やモミジの緑がしっとりと落ち着いた佇まいがありました。
dc062005.jpg


[PR]

by hirospace | 2008-06-20 15:08 | 風景 | Comments(5)  

遣水観音山(やりみずかんのんやま)

dc061629.jpg
隣の能美市・仏大寺町と小松市との境にあるこの観音山は、別名 遣水山(やりみずやま)とも呼ばれ、白山に連なる山々の中でも一孤峰で、古代(奈良、平安時代)から白山信仰の霊場となり、観音堂を建立して修験者の拠点として栄えていました。
dc061619.jpg
麓に湧き出る霊水は古代より枯れたことがないと言われ、口コミによって広まり最近は名水百選にも指定され、県内外より汲みに来る人で賑わっています。
dc061601.jpg
自然観察会があって、初めての場所なので大勢の人の参加がありました。
dc061621.jpg
以前はここに水を汲みに来ていたのですが、直ぐ横にある登山道の階段を見て気が引いたのと、そのつもりで来ていないために登ったことがありませんでした。
dc061639.jpg
もう遅いと思っていましたが、ササユリも所々に残っているのが見られました。
dc061645.jpg
アカショウマも見られましたが、茎が赤くないとか葉が心形になっていないからそうでなくてトリアショウマでないかとか、このメンバーらしい問答が繰り返されて足が止まっていました。
dc061638.jpg
途中の尾根からは白山が見られたり、展望台からは加賀平野と日本海の海岸も見られました。
dc061641.jpg
地元の里山保存会が、この山の散策に力を入れて新しい登山道を整備してくれていました。
つくばね新道と名づけられているように「つくばね」が林になっていました。
まだ実が付いていませんでしたが、秋には生け花で人気のある「つくばね」が沢山採取できそうです。
dc061649.jpg
麓に下りると、ミヤマヨメナが所々に咲いていましたが、園芸種のミヤコワスレの原形と言われる綺麗な薄紫の花ですが、写真では上手く撮れていませんでした。
dc061617.jpg
キイチゴ(モミジイチゴ)が道路の脇にずっとあって、オレンジ色の実が付いて甘かったので、大半の人が口にしていました。
近くの手ごろな山ですが、頂上でお弁当を食べたり、4kmの山道を散策して半日寛げました。
[PR]

by hirospace | 2008-06-16 20:57 | 旅行 | Comments(4)  

安宅海岸の夕日

岩手・宮城で強い地震が起きて、大きく山が崩れている様子が報道されて、悲痛な思いがしています。
つい先日、知人と栗駒山の話をしていたので、検索して「駒の湯」も見ていたところで驚きました。
中国の四川省の地震を他所事のように思っていら、突然に見舞われるということにもなりかねませんから、用心も必要ですね。

昨日はお天気が良かったのですが、北風が吹き込んで涼しい日になりました。
夕方、しばらく振りに、近くの安宅海岸に出向きました。
conv0196.jpg
6月21日が夏至になりますから、この1週間が一番日が長いですね。

conv0199.jpg
6時半でも、日はかなり高くて、風が強い所為で、少し荒れた海面をオレンジ色に染めていました。

conv0197.jpg
若い女性のグループも波打ち際で戯れていました。

conv0201.jpg
少しかすんでいるのか、空はそれ程朱に染まりませんでしたが、赤い夕日が見えていました。
conv0202.jpg

7時10分に水平線上の雲の中に沈んで行きました。
conv0203.jpg
安宅住吉神社の前にある小さな安宅灯台にも灯が灯りました。
conv0204.jpg
[PR]

by hirospace | 2008-06-15 07:48 | 風景 | Comments(1)  

木場潟の花菖蒲

dc061202.jpg
大雨で被害の出ているところもありますが、北陸は快晴です。
ちょっと風が強いのですが、夏の太陽が照り付けています。
dc061206.jpg
お昼休みに、木場潟公園を散策してきたのですが、花菖蒲が見ごろになっていました。
dc061205.jpg
先日まではカキツバタが咲いていましたが、主役が花菖蒲にに入れ替わりです。
dc061209.jpg
意外と見に来られている人も少なくて、東屋で一休みしている人もいました。
園から遠くに見える白山も夏山になり、残雪も少なくなりました。

なお、アヤメ、カキツバタ、花菖蒲の区別を毎年、掲載しておりますが、再確認したい方はこちらから・・。

dc061211.jpg
周回道路の土手に植えられている金糸梅も満開になって、風に揺れていました。
dc061213.jpg
[PR]

by hirospace | 2008-06-12 13:48 | 風景 | Comments(1)  

夏みかんのジュース

常滑に住む友人が趣味で畑に柑橘類を作っていて、毎年、夏ミカンを送ってくれるのでマーマレードを作っていました。
dc060502.jpg
でも、今年は綺麗なものが出来なかった!けれど、甘くなっているから、どうする?と言って来たので、とりあえず送ってもらいました。
dc060503.jpg
確かに、マーマレードには向いていないと思ったので、そのままでも食べられるほど甘かったのですが絞ってジュースにしました。
dc060504.jpgdc060507.jpg
加える必要もなかったのですが、僕以外の家族は酸っぱいものが苦手で、砂糖と蜂蜜を少し加えて、溶ける程度に加熱しました。
中ぐらいの夏みかん10個で、約1LのビタミンCたっぷりの癒し系のジュースがで取れましたが、マーマレードなら2~3ヶ月も楽しめるのに、ジュースは2~3回でなくなってしまったのが、ちょっと物足りませんでした。
[PR]

by hirospace | 2008-06-10 20:56 | 料理 | Comments(5)  

万葉ウォーキングと健康フェアー

conv0180.jpg
憩いの森でこの時期に開催されている「万葉ウォーキング&健康フェア」は小松市(保健課)が主催して、高齢者の健康意識を高め適当な運動や食生活の改善を勧めるために開催されていますが、大人から幼児まで多くの市民が参加しています。
conv0182.jpg

conv0189.jpgconv0190.jpg
この森に植えられている木々には万葉集で歌われている歌碑が立てられていて、ボランティアの方が木々と歌の説明をしてくれます。
conv0181.jpg
新緑の中にヤマボウシが白い十字のような綺麗な花をたくさん付けています。
conv0183.jpg
ササユリもこの日に合わせるように昨日から花が3つ開いて、美しい姿が歩く人の目を楽しませてくれています。
conv0186.jpg
また、コアジサイや紫陽花も咲いていました。
conv0185.jpg
チェックポイントでは健康に関する問題を解いて、正解者の中から抽選で地元の野菜などの景品がもらえます。
conv0184.jpg
2つの堤を渡り森の中を約40分歩いてゴールします。

広場では体力測定や体組成、骨健康度測定や血糖値などの健康チェックをしてもられます。
検査結果では体重と腹部肥満が少々出ていましたが、体脂肪率16.8%の筋肉質で健康指数79で、運動不足で肥満気味だと思っていたのですが、まあ~の結果が出て安心しました。
conv0195.jpgconv0193.jpg
子供たちは巣箱やクラフト工作を楽しんでいます。
conv0192.jpgconv0191.jpg
最後に、地元のブランド米(蛍米)の美味しいおにぎりと、地元の野菜を使っためった汁を頂きました。
[PR]

by hirospace | 2008-06-08 20:12 | 祭事 | Comments(6)  

百万石燈ろう流し

6日から金沢では「百万石まつり」が始まりました。
dc060202.jpg
東の茶屋街が夕闇に迫る頃、協賛行事「加賀友禅燈ろう流し」が市内を流れる浅野川の天神橋から浅野川大橋の間に、約1200個の灯籠が流されました。
dc060216.jpg
水の芸術ともされる加賀友禅と浅野川とのつながりに感謝をして、友禅作家らが花鳥風月を描いた絵や市民がそれぞれの思いを描いたと灯籠が川面を彩りました。
dc060218.jpg

川もいっぱいに広がって流れて行き、終着の橋の袂では、ゴミにならないように全部拾い上げて回収します。
dc060274.jpg
その辺りは、主計(かぞえ)町の茶屋から、放たれた窓越しにら三味線の音が聞こえてきて金沢の祭りの夜をいい雰囲気にしてくれていました。
dc060277.jpg
明日はメインイベントの百万石行列が催されますが、今年の主役の利家公には山下真司さんとお松の方には石野真子さんになっています。
[PR]

by hirospace | 2008-06-07 08:40 | 祭事 | Comments(2)  

ラッキョウを漬ける

先日から、お店にラッキョウが売られているのを見ていましたが、今年は何処のものを使おうか迷いながら、ネットショップで調べて、鳥取産の砂丘ラッキョウを注文をしました。
dc060509.jpg
洗いラッキョウ3kgと酢2Lで5000円・・廉価品でもないし手頃なところかな?と思いましたが、開けて見るとかなり大粒のラッキョウが入っていました。
梅干は大粒のものが高級ですが、福井特産の花ラッキョウは3年ものが小粒で高級品ですから、どうかな?とも思いましたが、今年は3年物の生ラッキョウが不作でネットでは売られていませんでした。
dc060512.jpg
漬けるといっても、以前は泥付きのものを掃除をして、1週間ほど塩漬けにして漬けていたのですが、最近は手抜きで洗いラッキョウを買っています。
下仕事は全部されているので、水でよく洗って、熱湯に10秒ほど漬けて、塩抜きをします。
dc060515.jpg
後は特製のラッキョウ酢に漬け込むだけです。
冷暗所で保存をして、1週間後から食べられるようになります。
ラッキョウは元から好きでしたが、血液がサラ~になると聞いてから、1年で2kg程食べていますが、効果の程は・・?
[PR]

by hirospace | 2008-06-05 15:18 | 料理 | Comments(4)