<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

スノーシュー・トレッキング(医王山)

北陸には年末の貴重な晴れ日、金沢の奥にある医王山(いおうぜん)に行くことが急遽決りました。
c0022275_20284869.jpg

8:30SCで仲間3名と待ち合わせて、見上峠からは除雪がされていないので、医王山スポーツセンターの駐車場に車を止めて、スノーシューを履いて9時から登り始めました。
c0022275_20301869.jpg

12月の雪としては久しぶりによく降って約80cmほどの積雪になっていました。
c0022275_20312524.jpg

低山なので藪が多くて、その中を通り抜けるのですが、途中で木の枝にキクラゲが付いているのを見つけたからは採取をしたり、僕のストックが壊れて修理したりして、ペースが一気にダウンしました。
c0022275_2032874.jpg

1時間半かかって、医王の里キャンプ場に着いて、コーヒータイムにしました。
青空も出てきて、歌の文句のように、白樺が青空に映えて綺麗でした。
c0022275_2038359.jpg

広場では、童心に帰って、転がったり、遊びました。
こんなのんびりとした山歩きはいいです。
c0022275_20372096.jpg

しばらく歩くと木に赤や黄色の実がたくさん付いている蔓を見つけました。
c0022275_20393082.jpg

まだ、ツルウメモドキが残っていました。
これはと言うことで、蔓を引っ張るやらナイフで切ったり、枝を折ったりして採取しました。
c0022275_20413518.jpg

その次に見つけたのは、エノキダケかな?枝に鈴生りになっていました。
もう、トレッキングよりもキノコ狩りに執心です。
また、クサボタンの花の後(果実)がすごく綺麗でした。
c0022275_22434499.jpg

そして、雪の中に、早くも春の息吹・・ネコヤナギも見られました。
c0022275_20454356.jpg

そんなことをしていたので、西尾峠の休憩所に着いたときは12時30分を回っていました。
雪のないときは車でも来れるところで、奥医王山も見えていました。
ここから覗までは約1時間で、蔓やキノコを置いて目指しました。
c0022275_20464761.jpg

歩きやすい林道で、スキーで行った人の跡だけが残っていました。
この辺りからは積雪が1mを越えていて、道標も雪の中に埋もれていました。
c0022275_20483873.jpg

2時近くに、覗休憩場に着きました。
ここからは大沼や地蔵峠が見下ろせるところで、有名な鳶岩も分かりづらかったですが、見えていました。
ここで、昼食にして、お湯を沸かして、空腹を満たしました。
c0022275_20492984.jpg

帰り道、仲間と別れてしまったのですが、尾根の方にナメコやシメジが沢山あったようです。
かなり時間も使っていたので、ほど~に採取をして下山した来たら、袋一杯キノコや詰まっていました。
c0022275_20502728.jpg

下山するときは、荷物が軽くなるのですが、今日はたくさんのキノコと大きな蔓を抱えながらの雪道はかなり堪えて、いつも以上に時間がかかって、夕日が見え、駐車場に着いたら、5時になってしまいました。
c0022275_20521735.jpg

でも、スノートレッキングをしながら、木の実やキノコを採取したり、雪山に8時間もいたのですが、全く退屈もせず最高に楽しい山収め?になりました。
c0022275_20575793.jpg

知人宅にお邪魔をして、混ざったキノコを整理してもらって、持ち帰ったツルウメモドキの大きな蔓を置いてきました。
[PR]

by hirospace | 2009-12-27 21:00 | 登山 | Comments(5)  

参禅

c0022275_16595091.jpg

強風が収まって、雪が15cm程積もり、駐車場や家の前の道路の雪かきをしました。
午後から、金沢の野田山にある「大乗寺」に出向き、しばらくぶりに日曜座禅に参加して来ました。

c0022275_173978.jpg

金沢は山が近いので、雪が多いように思いましたが、寺の山道は綺麗に雪かきがされてありました。
c0022275_1754881.jpg

生垣のお地蔵に紅い帽子が被されてあるのが、季節感がありました。
c0022275_17195369.jpg

季節の変わり目に訪れたくなるのは、気持ちの整理をしたいという思いもあるのですが、真冬に訪ねたのは初めてでした。
大昔、京都の妙心寺で座禅をしたことがあるのですが、何が辛かったというのは、厳しい寒さでした。

c0022275_17183161.jpg

座禅堂は冷え込んでいると思っていたのですが、ストーブが焚かれていてそれ程でもありませんでしたが、外は天候が荒れていて、ガタ~と音がしたり、風が吹き込んでいました。
c0022275_1716216.jpg

今日はお天気が悪かったので、30人座れるのですが、半分ほどしか参加者が居ませんでしたが、多い時には、外の通路に座ったこともありました。   
c0022275_17151327.jpg

座禅では時計を外し靴下を脱いで身軽にして臨むのですが、姿勢(体と呼吸)を整えるということが基本です。
目を瞑らないで、雑念に捕われないで、無心になれることがいいのですが、素人には難しいことなので、流れに身を任すという状態で居ることでしょうね。
慣れない頃は、座禅をするんだ!とすごく意気込んで向かい合っていましたが、近頃は力を抜いて、ごく自然体で座するようになって来たと思っています。
大乗寺の警策は加減なし?でかなり痛いですが、自分で希望をしても受けることが出来ますが、近くでビシ~という音が聞こえると緊張します。

c0022275_17124851.jpg

1回の座禅は40分間で、10分ほどの休憩を挟んで2回するのですが、初めて座禅をすると、すごく長く感じると思いますが、やがて快適空間になると思います。

c0022275_1773060.jpg

曹洞宗や臨済宗のお寺の山道に、「葷酒山門に入るを許さず」という碑が建っていますが、これは精力(興奮)剤やお酒を持って入ってはいけないということですが、お酒は般若湯と呼ばれて嗜まれています。(笑)
c0022275_17102760.jpg

[PR]

by hirospace | 2009-12-20 17:21 | 雑感 | Comments(8)  

荒れる海

暖かい日に慣れていたのですが、寒波がやって来て冬らしくなりました。
3日前から、風が強くて、石川県は積雪はそれ程多くありませんが、市内では10cm程になっています。
c0022275_15412994.jpg

富山や高山辺りは30cm程の積雪になって、通行止めになっているところもあるようです。
c0022275_15304534.jpg

仕事で海岸近くを通ったので、ちょっと寄ってみると、凄い風で荒れ狂ったように波が次々と押し寄せていました。
写真ではそれ程の感じがありませんが、目の前に5~6mのうねりが押し寄せてくると、ちょっと恐ろしい感じがして後ずさりをしました。
c0022275_15311973.jpg

波飛沫も凄くて、直ぐにレンズが曇ってしまいました。
そう言えば、昔、大波をかぶって、ずぶ濡れになってカメラの液晶もおかしくなった事もありました。

富士山では冒険家が遭難をしたことを報じていましたが、雪山は一旦荒れると、直ぐに事故に繋がりますから、分かっていながら挑戦しておられるのでしょうが、判断がむずかしいですね。
自然とも人は上手く付き合っていくことも大切ですね。
[PR]

by hirospace | 2009-12-19 15:42 | 風景 | Comments(4)  

ユキノシタ(エノキダケ)

寒くなって来ましたね。
知人から「キノコを採って来たから、食べる?」と連絡があって、頂いて来ました。
キノコの最後を締めくくるのがユキノシタで本名はエノキダケ。
雪が降ってからも平気で出続けるので、ユキノシタと名付けられたようです。
c0022275_21491541.jpg

根元の黒いところを取り除き、きれいに洗ったユキノシタは見るからにきれいな姿です。
お吸い物や味噌汁に入れると、香りは少ないですが、甘い出汁が実に美味しいです。
お店では一年中を通して栽培された白いエノキダケが並んでいますが、これが原種で、天然ものとは別物です。
c0022275_21483678.jpg


ユキノシタを頂いた方の店の壁に、先日、山から持ち帰ったサルトリイバラ(サンキライ)の蔓が素敵なアート作品になって飾られてあったので、嬉しく思いました。
c0022275_22154542.jpg

[PR]

by hirospace | 2009-12-15 21:58 | 料理 | Comments(5)  

越前海岸と水仙

先日から、水仙の咲き具合を気にかけて、観光協会にも問い合わせていたのですが、今年は暖冬気味なので、お天気もまず~だったので、出向きました。
c0022275_16492687.jpg

福井県の鯖江ICを出て、越前海岸に向かうと、日本海の荒波に削られた奇岩や島が見られて海岸線を走る楽しみもあります。
先日から、水仙の咲き具合を気にかけて、観光協会にも問い合わせていたのですが、今年は暖冬気味なので、お天気もまず~だったので、出向きました。
c0022275_1743933.jpg

福井県の鯖江ICを出て、越前海岸に向かうと、日本海の荒波に削られた奇岩や島が見られて海岸線を走る楽しみもあります。
c0022275_164652100.jpg

c0022275_16475443.jpg

先日から、水仙の咲き具合を気にかけて、観光協会にも問い合わせていたのですが、今年は暖冬気味なので、お天気もまず~だったので、出向きました。
c0022275_16503348.jpg

海に面した急な山肌に厳しい気候に耐え抜いた白い花が今年も咲いて、見る人の気を癒してくれます。
c0022275_17124473.jpg

今は切花用の出荷が最盛期で、観賞用のところは2~3割が開花しているようで、今年の見頃は少々早くて年末から年始になりそうです。
c0022275_17163385.jpg

一番人気のある越前町の「水仙ランド」からは白い灯台と日本海が見下ろせます。
c0022275_16575937.jpg

水仙の花は近寄ってみると清楚で可愛いですね。
c0022275_16592852.jpg

「レンズの向こうで ぎこちなく微笑む あの頃の君もそうだったね」・・そんなイメージがぴったりします。

c0022275_1704576.jpg

この時期、越前海岸は水仙が咲いて、カニと温泉のシーズンで旬を迎えていて、関西方面からのバスツアーもたくさん見えていています。
また、磯釣りを楽しんでいる人も、海岸沿いに点在する岩場から釣り糸を下げている姿もたくさん見受けました。
そして、店先からカニを茹でている湯気が上がって、いろんな干物が並べられていました。
c0022275_16484040.jpg

[PR]

by hirospace | 2009-12-13 17:17 | 風景 | Comments(8)  

晴れた日の白山

今日は全国的に快晴のようで、北陸も小春日和になっています。
c0022275_1626447.jpg

事務所の直ぐ横の空き地から、青い空に白山が綺麗に輝いていました。
c0022275_16265963.jpg

去年は12月の初めに雪が少し降りましたが、冬を通して積雪があまりありませんでした。
今年はそれ以上に少ないような感じがします。
会社のトラックが車検になって、ついでにタイヤもスタッドレスに替えておきますと言っていましたが、街の中を走るには当分いらないような気がしています。
昔は師走だと言えば気ぜわしい感じもありましたが、景気が悪くて仕事が本当に少なくて、田舎に住んでいると暇で年末気分はありません。
お天気のように気持ちも晴れて欲しいものです。
[PR]

by hirospace | 2009-12-08 16:27 | 風景 | Comments(8)  

夕景


師走だというのに、今のところは比較的暖かい日が続いています。
今日も午後からお天気が良くなって、南風が吹いていました。
c0022275_2084596.jpg

夕方、沈む夕日が見られるかな?と思って、海岸に出向きましたが、水平線上に大きな雲があって、日はその雲の中に隠れてしまって、見られませんでした。
c0022275_2092679.jpg

北風が吹くと海も荒れるのですが、強い南風が吹いていると、寒くも無くて、海面も不思議なことに全く静かでした。

明日も雨のようで、晴れていたら、東に見える大日山に登ろうと思っていましたが、無理なようです。
c0022275_208296.jpg

[PR]

by hirospace | 2009-12-05 20:13 | 風景 | Comments(1)  

冬の風物詩

師走に入りましたが、いいお天気が続いて、今日も暖かい日になっていました。

北陸にはお馴染みの「雪釣りと」もう一つ冬の風物として「こもがけ」と言うのがあります。

これは土塀を雪などから守るために施されるものですが、
今は観光用に市がこの地区だけに施工しています。

金沢の繁華街・香林坊から5分も歩くと加賀百万石の面影が色濃く残る
長町界隈には、土塀に囲まれた武家屋敷跡が広がっています。
この辺りには前田藩の中級武士や足軽などの住まいが集まっていたところです。

狭い道は曲がりくねっていて敵の侵入を遅らせる工夫がなされています。
土塀沿いに大野庄用水が流れ、昔は材木の運搬や炊事洗濯に使われていました。

土塀の石は金沢城の石垣にも用いられた戸室石です。
複雑に入り組んだ城下町らしい石畳の小道をそぞろ歩けば、藩政時代の雰囲気がしのばれて、観光客が多く訪ねます。
[PR]

by hirospace | 2009-12-02 20:11 | 風景 | Comments(8)