<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

御在所岳

御在所岳の樹氷を他の方のページで拝見して、そうだ、この山に行こう!と、出向いたのですが、湯ノ山温泉からロープウエー乗り場の駐車場に入ると、「山頂に樹氷はありません」という掲示板が目に入りました。
いろんなことを調べていたのに、肝心の事を確認していませんでした。
このところの天気で、自分の住むところにも雪が無くなっているのに、三重県の山にある訳がないことがどうして気が付かなかったのか、情けない思いをしました。
c0022275_21435331.jpg

ポツ~と雨も降ってきたので、早めに登って下りようと思って、ロープウエーに乗りました。
一気に1200mに上るロープウエーはちょっと怖いものがありましたが、山道を登ると3時間近くかかるのに、12分で着いてしますのですから、実に楽なものですね。
c0022275_21473886.jpg

頂上は細かい雪が降っていて、やはり寒かったですが、天然の樹氷は融けていました。
c0022275_21444119.jpg

名物のホースの水をかけて氷結させている人口の樹氷まで融けていました
c0022275_21452450.jpg

所々凍っているのでアイゼンを着けて一応、山頂に登ってから、裏登山道から下山することにしました。
c0022275_21462374.jpg

山頂では釈迦岳も見えていたのですが、国見峠まで下りると雨になって、霧も出てきましたga,
渓流沿いに岩場を見上げながら、2時間かかって登山口に下りました。
c0022275_21481982.jpg

まあ、樹氷は見られなかったけれど、御在所岳には一度登りたかったので、思いは達せられてことになります。
[PR]

by hirospace | 2010-01-31 21:51 | 登山 | Comments(3)  

木場潟でウォーキング

c0022275_15581463.jpg

昼前から、部屋に日が差して来て青空が見えて来ました。
会社の直ぐ近くにある木場潟に出向いて、今年初めてウォーキングをして来ました。

1周は6・4kmなので、白山を別当出会から室堂までの距離とほぼ同じです。
白山なら4時間あまりかかりますが、ここなら約1時間です。
c0022275_15562954.jpg

お天気が良くて、風もあったので白山が久しぶりに綺麗に見えていました。

写真を撮りながら歩いたので、ペースダウンして、今日は1時間15分かかりましたが、快適でした。
帰りには近くにある「うさみ温泉」に入って戻って来ました。
[PR]

by hirospace | 2010-01-24 15:58 | 風景 | Comments(6)  

憩いの森

昼前から、1週間ぶりに晴れて青空も見えました。
道路の雪は除雪もすすんで、雪が消え路面が見えました。

午後から、近くの「憩いの森」に散歩に行きました。
少し山手になるので、雪が多めで、駐車場は雪で埋もれていました。
車は4WDなので、無理なく入るのですが、カンジキを履こうかと思いましたが、足跡が結構あったので、長い長靴のままで歩きました。

山茶花があちらこちらに咲いていましたが、池には薄氷が張って、いつもは沢山いるはずの鴨の姿が殆ど見られませんでした。

移設された萱葺きの古民家が雪には似合います。

薪の燃やされている臭いがしたので、覗いてみると、中で管理人が火の番をしていました。
顔見知りだった人と違ったので尋ねると、去年で交代したとのことでした。

ソヨゴに赤い実が沢山付いていて、冬の森を彩っていました。

桜に小さな氷の塊が付いていて花が咲いたようになっていました。
何度も来ていますが、憩いの森がこれだけ雪が積もったのも何年かぶりでした。

[PR]

by hirospace | 2010-01-16 16:32 | 風景 | Comments(6)  

立山山麓でスノートレッキング

今年初めての山登りを、立山山麓の瀬戸蔵山から大品山をピストンして来ました。

9時にゴンドラに乗って、らいちょうバレーに上がりました。
スキーやスノボーをする人がほとんどで、山に登る人はほとんどいません。

スノーシューを履いて、トレッキング開始です。
積雪は約2mありましたが、先客がラッセルしてくれていたお陰で、比較的楽な歩行になりました。
うす曇で、ある程度の防寒の装備をしていましたが、直ぐに体も温もって汗が出てネックウォーマーやフリースなどを脱ぎました。
conv0004.jpg
暮れに登った医王山の雪質と違って、たっぷりの新雪で、脇道に入るとシューを付けていても膝まで埋もれて、歩行が困難でした。
途中、景色を眺めたり、大きな木の吹き溜まりで遊んだりしましたが、1時間半ほどで瀬戸蔵山に着きました。
conv0005.jpg
お天気も良くなって、大日岳から立山連峰も綺麗に見えて気持ちがいい日になりました。
conv0009.jpg
雪を踏み固めてステージを作って、ブランチにしましたが、山の上で飲むホッとコーヒーはまた格別のものです。
conv0007.jpg
腹ごしらえも出来たことで、先に進みましたが、積雪は深くなって来ました。
大品山に登る健脚の人が2名で、また下って急斜面を登ることに抵抗がある3名は瀬戸蔵山まで戻ることにしましたが、少し曇ってきて、風も出て来ると寒く感じました。
下り道は、ラッセルしていない好きなところを選んで歩きましたが、転倒すると、なかなか起き上がれませんでした。
日が当たって、枝に付いた雪が落下してきて、雪男(だるま)になりそうになったりしました。
ゆっくり歩いて所為でもないのですが、大品山から戻ってきた健脚組に追いつかれて、合流して下山です。
conv0001.jpg
僕は登りも下りも最後尾で、気がつくと50~100mも差がついて、待ってもらったりしていましたが、あっという間に登山口に着いてしまい、ゴンドラに乗って無事に下山して来ました。(15:00)

[PR]

by hirospace | 2010-01-11 20:24 | 登山 | Comments(6)  

左義長

c0022275_952710.jpg

弱い雨が降る中で、町内の左義長(どんどまつり)が行われました。
触れ太鼓を叩いて町内の家庭に注連飾りやお正月飾りなどを集めに回ります。
町内の神社では世話役さんが宮司さんと、笹を組んで注連縄を張ってお供えをして準備します。
c0022275_952548.jpg

皆が集まって、宮司さんが皆のお祓いをして、祝詞が奏上されて、
c0022275_9531978.jpg

代表の子供の松明に点火して、積み上げられたお飾りに火がつけられます。
子供たちは注連飾りなどを力いっぱい投げられて、楽しんでいましたが、時おり青竹が「ド~ン」と大きな音を立てて割れるとびっくりしていました。
c0022275_954317.jpg

勢いよく燃え上がる火を見ると、自分の中の古いものも燃え上がるような錯覚もあって、気も改まります。
成人の日は昔は15日でしたから、小正月に左義長が終わるとお正月も終わったと言う印象がありましたが、第2に月曜日になって、左義長も日曜日に行われいます。
[PR]

by hirospace | 2010-01-10 09:54 | 祭事 | Comments(3)  

波の花(奥能登)


Published by デジブック

今年も奥能登の冬の風物詩・・「波の花」を撮って来ました。
c0022275_16575532.jpg

昨夜から、暴風雨・波浪警報が出ていて、こんな時は奥能登の先端近くの珠洲(すず)市・曽々木~真浦海岸にこの時期に波の花が舞います。(今年は元旦が初めてで、今日は2回目でした)
c0022275_1659266.jpg

低温と強風の条件が揃わないと起きない自然現象で、天気予報と波の花情報で確認をして出向きますが、県内と言えど、家からだと160km・約3時間かかる所なんです。
そのため、県内の人でも舞っているのを直に目にした人は意外と少ないんですよ。
平日だと来れないし、条件が合う日はなか~ありません。
これまで何度か行っているのですが、舞っているのを確認しても着いたときには風が収まって舞っていなかった時もありましたが、最近は現地にある料理屋の親父さんに当日の朝に電話を入れて状況を確認してからで向くので空振りがなくなりました。
c0022275_171985.jpg

今日は猛吹雪のような状態を期待していたのですが、それでも現地に着いたときは風が弱まって、それ程舞っていませんでした。
親父さんの話では、ずっ~と海が荒れた日が続いて、凪いだ日があったりしないと、波の花が少ないと言うのです。
c0022275_1722068.jpg

お昼を食べて、店の裏手になる真浦海岸に出向きました。
ここからは滝の水が、強風にあおられて「吹き上げの滝」が見られる観光名所にもなっていますが、風がそれほど強くなかったので、上の方だけが吹き上がっていました。
夏は海水浴場になっているところが、真っ白い泡で覆われるのですが、今日は少なくて、何の花もあまり飛んでいませんでした。
風の強いときは、大きな泡が山を越えて飛ぶのも見られます。
c0022275_174770.jpg

名船海岸に寄りましたが、ここが一番激しく波の花が吹き上げられていました。
c0022275_1765372.jpg

波の花の正体は、厳寒の荒波にもまれた海中に浮遊する植物性プランクトンの粘液が石鹸状の白い泡を作って生成すると言われています。
最初は白くきれいですが、時間が経つにつれて岩床の細かい粒などが混ざってうす黄色になっていきますが、雨が降ると消えてしまいます。
c0022275_17111978.jpg

帰り道、輪島の千枚田にも寄りました。
[PR]

by hirospace | 2010-01-05 17:12 | 風景 | Comments(9)  

初詣

新年、あけまして、おめでとうございます。

年末から元旦にかけて暴風雪の予報が出ていましたが、石川県は強い風は吹きましたが、積雪は多くありませんでした。
元旦も一時吹雪いていましたが、少しの晴れ間で、屋根雪も道路の雪も融けてしまいました。
c0022275_10573989.jpg

初詣を済まさないと、新年が来た気がしないので、近くの安宅住吉神社に参りました。
お天気が良くない所為か駐車場も空いていて、本殿の前にも僅かな列しか出来ていませんでした。
c0022275_10582327.jpg

それでも、関西や関東からのバスが3台入って来ていました。
神社のお参りよりも観光地・安宅関のついでに寄るということでしょうか?
c0022275_10591140.jpg

お参りした後、神社の裏にある海岸に向かいましたが、離れたところまでも波飛沫が飛んできていました。
c0022275_11222585.jpg

苦しいときの神頼み・・と言うことで、例年よりも?深々と頭を下げてお参りをして来ました。
皆様におかれましても、どうぞ今年もいい年でありますように!
[PR]

by hirospace | 2010-01-02 11:02 | 祭事 | Comments(8)