<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

初夏の苗場山

雨が予想されて、どうしようかと迷いましたが、決行しました。
19:00富山・流杉PAで富山組と待ち合わせて、上信越道豊田・飯山に向かいました。
津南経由で秋山郷・小赤沢3合目登山口の駐車場に着いたら11時近くになりました。
テント泊まりなので、設営して、少々寛いてから12時に就寝。
c0022275_1362043.jpg

朝方、雨が強くなって、6時出発予定なのに、4時に眼が覚めてしまって、起きてしまいました。
広い駐車場には他に車が2台止まっていました。
まだ雨が止まないので、5時前に朝食を済ませて、テントの中で身支度をしました。
c0022275_137278.jpg

合羽を着て、6時に3合目登山口から登りましたが、道は泥々で水溜りも出来ていました。
4合目の水場で休憩して、水を補給しました。
雨が小降りになって合羽を脱ぐと、涼しくなりましたが、また強く降って来て着込みました。
6合目過ぎの水場に9時着、途中の谷には、まだ残雪がありました。
c0022275_1384728.jpg

シラネアオイやサンカヨウとキヌガサソウが咲いているのが見られました。
c0022275_15461511.jpg

また、根曲がり竹(ススタケ)が生えているようで、採取した人がいたので、仲間も藪に入って採取してお昼に食べようということになりました。
c0022275_13103181.jpg

7合目からは岩場が多くなり、所々急な登りや鎖場もありましたが、注意して登れば特別危険なところもありませんでした。
c0022275_1312123.jpg

9合目前の急坂を登り詰めると広大な湿原が現れました。(10:00)
たくさんの池塘の回りにはピンクのイワカガミとイワイチョウやチングルマが混在して咲いていました。
c0022275_13204066.jpg

雪が残っていて花が見られないかもという心配もありましたが、すっかり解けてお花畑になっていました。
お天気も良くなって、広い湿原の中に長い木道が見られて、僕らの他に人の姿も見られなくて貸しきり状態で感動的でした。
ワタスゲが雨に濡れて、ちょっと可愛そうな感じでしたが、これも自然の姿だと思いました。
c0022275_13141551.jpg

山頂までは途中雪渓の上を歩く所もあって、ガスが風に押し流されている風景も大いに自然の姿を感じました。
c0022275_13161973.jpg

木道の先に山頂ヒュッテの屋根が見えて、11時に2145mの山頂に到着しました。
反対側の越後湯沢方面から登って来た大勢のツアーの人も一緒になって、ヒュッテの広場は一変に辺りは賑やかになりました。
昼食に途中で採取したススタケを焼きましたが、網がなくて上手く焼けなかったので鍋に入れて湯掻くと、すごく甘くて美味しかったです。
c0022275_13174897.jpg

昼食を食べているとガスがかかって来ました。
お昼近くになると山頂に着く予定の人も次々と上がって来たので、11:30に下山開始です。
濡れていたも木道も乾いていましたが、ガスがかかって辺りは見渡せませんでした。
雨もまた降り出してきて、仕舞ってあった合羽を着て、岩場を下りました。
15時に登山口戻って、濡れたテントや汚れた合羽・靴などをトランクに押し込めて、麓の秋山郷・萌木の里の温泉に向かいました。
c0022275_13194394.jpg

広い露天風呂も他に人が居なくて貸切でした。
汗を流して、着替えをすると、気分もさわやかになって、空腹を感じましたが、適当なお店が見当たらず、インター近くの蕎麦屋に入って、思い~の蕎麦を食べて、帰路に着きました。
また、雨が激しくなって着ましたが、昨晩余り眠れなかったので、仲間の楽しそうな会話を聞きながら眠っていました。
富山に着いたら9時半で、僕が家に着いたのは11時前で、直ぐに寝床に着きました。

c0022275_13233031.jpg

梅雨時の山登りはお天気との絡みで、物足りない思いをする時もありますが、今回はゆっくりとした日程で、山頂の大きな湿原と初夏の花が咲き出した風景も見られたし、仲間との楽しい時間を過ごせて、十分なくらい満足のする山旅でした。
[PR]

by hirospace | 2010-06-28 13:23 | 登山 | Comments(3)  

W杯で勝利して、日本中が沸く!

デンマーク戦を見ようと早めに寝て、眼が覚めると2時前だった。
TVは相変わらず勝利を予想して過熱していた。

引き分けでも決勝リーグ・・という言葉が心理的に分かるけれど気に入らなかったが、選手も監督も勝ちに向かう姿勢が十分に感じ取れた。
そして、あの本田選手の直接FKが決まった瞬間に思わず声を大声を上げてしまった。
息子は居眠りをしていたようで、声をかけてやると、エ!と言って眼が覚めたようだ。
本田選手はカメルーン戦でゴールを決めてから、世界からも注目される選手になっていた。
そして、多くの日本ファンの期待に応えるように、得意の無回転シュートがゴールネットを揺らせた。
先取点が絶対に有利になると思っていたので、勝利が現実味を帯び、その後、遠藤選手もFKを見事に決めてくれて勝利を確信した。
そしてPKで一点は取られたものの、岡崎選手が3点目を決めて勝利をしたのですが、チームが勝利することに一丸となって、それぞれのポジションを攻守したから勝ち得たのですね。
そして、批判をされていた岡田監督の評価も一気に上がって、良かったですね。

今日は会う人は大抵がその話で持ち切り、TVのどのチャンネルでも何度も~放映していましたが、勝ってくれたお陰で、今日は寝不足もさほど感じなくて、テンションが高めで気分が良かったです。

TVを観戦しながら、息子とも話してたのですが、先日の地区予選で同率三位で得失点差で県大会に出られなかったことを、すごく悔やんでいたけれど、本田選手が卒業した星稜高校に行って、サッカーで活躍できるほどの実力があるわけでもないのだから、地元の県立高校も県内でいい位置にいるんだから、もう少し勉強を頑張って行けば!という話になると、すっと部屋から出て行きました。
c0022275_16425556.jpg

小さくて細かった息子も中3で、一気に伸びて172cmとなって、背丈だけは僕と変わらなくなりましたが、まだ~可愛らしいものです。
c0022275_16422165.jpg

[PR]

by hirospace | 2010-06-25 16:44 | 祭事 | Comments(5)  

白山眺望ツーデーウォーキング

小松市制70周年の節目にあたり、誰でも気軽に参加できるウオーキングを活用し、「美しい日本の歩きたくなるみち500選コース」の木場潟を中心に、「芭蕉ゆかりのコース」と「弁慶・義経の勧進帳ゆかりのコース」を設け、大会を開催します。白山・自然・歴史文化をキーワードに、霊峰白山を仰ぎ見る眺望日本一の小松の大地をみなさんで歩きましょう
・・と言う企画が19・20日の2日間開催されて、参加してきました。
c0022275_14152367.jpg

ゲストウォーカーにに元冬季オリンピック選手の荻原次晴さんと日本ウオーキング協会親善大使勅使河原郁恵さんが見えられました。
参加者も市内・県内だけでなく、遠い県からの参加者も見えていました。
c0022275_14155524.jpg

開会式の後9:30スタートで、31km・16km・6.4km・4kmとコースがあるのですが、僕は午後から息子のサーカーの試合観戦に行く予定になっていたので、木場潟1周6.4kmのコースを歩きました。
c0022275_14162887.jpg

雨の予報がうす曇で、謳い文句の白山は見られませんでしたが、湖面を涼しい風が吹いて、快適でした。
c0022275_14165050.jpg

大半の人が16kmの加賀三湖のコースに参加しているので、分岐点からゴールまではほとんど人がいませんでした。
また、湖面では、高校のカヌーの大会も催されていました。
c0022275_14191263.jpg

ゴールをして完歩証と地元産米を使ったおにぎりと天然水などを頂きました。
c0022275_14192958.jpg

そして、健康フェアでは体力測定や血糖値検査や脳健康度チェックもしてもらいました。
c0022275_14205066.jpg

[PR]

by hirospace | 2010-06-20 14:21 | 祭事 | Comments(7)  

いこいの森

今日は午後から雨が止んで、ちょっと涼しい風が吹いています。

c0022275_1630337.jpg

日曜日、珍しく山に出かけなくて、買い物のついでに近くの「いこいの森」を散歩していました。
ササユリが咲いているかな?と思ったのですが、大半が膨らみかけて1本だけ開花していました。
c0022275_16304930.jpg

沢山咲いていると目移りしますが、一本だけというのは、その花だけしか目が行かないので楽?でした。
山を歩いているとササユリが咲いていると癒されます。
c0022275_1631199.jpg

小さな池には濃いピンク色の美しい睡蓮が咲いていました。
c0022275_1633622.jpg

ノアザミもあちらこちらで咲いているのが見られました。
c0022275_16333985.jpg

ウォーキングをしている人とすれ違いますが、堤の辺りは静かでのんびりとした雰囲気があって古民家もあって好きなところです。
c0022275_1634112.jpg

[PR]

by hirospace | 2010-06-16 16:34 | 風景 | Comments(6)  

初夏の唐松岳

去年、8月の終わりに唐松岳に日帰りで登りましたが、生憎のお天気で山頂で僅かな時間しから山頂を見ることが出来ませんでしたが、今回は、前泊して朝からゆっくり登って、山頂でテント泊して、翌日に下山するというゆったりとした日程で、念願の眺望も見ることが出来ました。
c0022275_146177.jpg

登り始めた朝方は白馬連山に雲がかかって、展望台でも全景を見ることが出来ませんでした。
今年は初夏と言っても残雪が多く、八方池から先は大半が雪山でアイゼンを着けて雪渓を登る箇所が多かったです。
c0022275_1481231.jpg

また、夏道は山裾にあって雪で覆われているので、途中からは尾根の細い道を歩いたり、足を滑らすと谷へ滑落するような雪渓を緊張しながら登って、
c0022275_1494140.jpg

山荘の上から下りるというコースになっていて、前回とは全く違った感じの登山になり、かなり緊張をしながら登山になり、花の多い山なのですが、今回は山野草はわずかしかなく、雪山の写真ばかり撮りながら、山荘に14:00に着きました。
c0022275_14104350.jpg

お昼頃からは雲も晴れて、唐松岳山頂から不帰の瞼から白馬連山も綺麗に見えてきました。
c0022275_14502711.jpg

山荘は休業中で、テント場もまだ雪に埋もれているので、山荘前の狭い登山道に設営しました。
c0022275_14122791.jpg

山頂には明日の朝、ご来光で上る予定にして、お湯を沸かし、暖を取って寛ぎました。
また、風も強く雲が谷から次々と登って来て、なか~姿を見せてくれなかった剣岳から立山連峰が日が傾きかけた頃から見られました。
c0022275_14452268.jpg

17:00にテントの中で簡単な夕食を食べて、山荘付近を散策しながら夕焼けも見られました。
c0022275_14464660.jpg

夜は上弦の月が小屋の上に明られたくさんの星が見られました。
仲間は20時には寝付きましたが、僕はいつまでも寝付けなくて、シュラフに入っていたのですが、風も強く寒くて熟睡できませんでした。
c0022275_14513136.jpg

3:30に起床、4:00東の山並みが紅く染まり、4:30山頂で浅間山の左方向から日が昇り、ご来光を見ることが出来ました。
c0022275_14525413.jpg

c0022275_18155722.jpg

今朝は快晴になって、剣岳から立山がくっきりと見えて、南には南アルプスと八ヶ岳連峰とその間には富士山もうっすらと見え、北には戸隠と高妻山から雨飾山まで見渡せて、感動しました。
c0022275_14534149.jpg

山頂からテントに戻って、パンとココアで朝食を済ませて、テントを撤収して、7時に目の前の唐松岳と剣岳に別れを告げて下山することにしました。
下りはアイゼンを付けていても、雪が凍っていて滑りましたが、直に下るので一気に高度が下がりました。
c0022275_16241152.jpg

昨日の登りは曇りで風もあって、涼しかったのですが、今日は快晴で風もなく暑くて、雪焼けが気になりました
c0022275_14571163.jpg

1時間余りで、雪で埋まった八方池に着き、コーヒーを沸かして休憩をとりました。
眼前には白馬から蓮華山までくっきり見えていました。
やがて今朝登って来た人とすれ違うようになって、石神井ケルン辺りの雪原には関西からの修学旅行の高校生であふれていました。
14:00にゴンドラを下りて、駐車場に着き、白馬・倉下の湯に寄って、帰路に着きました。
c0022275_1501819.jpg

お天気に恵まれて、3度目にして素晴らしい光景を目にすることも出来たし、アイゼンを使っての雪渓を歩く練習も出来て、緊張もしましたが、日程としてはゆたりとした登山を楽しむことが出来ました。
[PR]

by hirospace | 2010-06-09 15:00 | 登山 | Comments(8)  

加賀友禅灯篭流し

6月4日から金沢市は「百万石まつり」が開催されていました。
祭りのメインイベントの時代行列はは6/5なので、山に行く予定になっていたので、灯篭流しだけ撮ってきました。

東の茶屋街が夕闇に迫る頃、特別協賛行事「加賀友禅燈ろう流し」が市内を流れる浅野川の天神橋から浅野川大橋の間に、約1200個の灯籠が流され始めました。

水の芸術ともされる加賀友禅と浅野川とのつながりに感謝をして、友禅作家らが花鳥風月を描いた絵や市民がそれぞれの思いを描いたと灯籠が川面を彩りました。


かがり火が焚かれて、和太鼓も披露されて、

お気に入りの灯籠を川に流してお願いをする姿も見られました。

川もいっぱいに広がって流れて行き、

終着の橋の袂では、ゴミにならないように全部拾い上げて回収します。

その辺りは、主計(かぞえ)町の茶屋があって、放たれた窓越しから三味線の音が聞こえてきて金沢の祭りの夜をいい雰囲気にしてくれていました。

[PR]

by hirospace | 2010-06-07 16:46 | 祭事 | Comments(5)  

カタハの炒め煮

石川県ではカタハ(片方に葉が付くところから)と呼ばれていますが、富山県ではヨシナと言われ、全国的にはミズ(正しくはウワバミソウ)と呼ばれて、タラノメやコシアブラなどの山菜が終わると、山手の湿地などで生育します。
先日の大日山の登山口にも手頃になったカタハが出ていましたが、登山目的だったので採取しませんでした。
c0022275_15275643.jpg

たま~能登の実家に帰っていた友人が掃除までしてくれて、綺麗な茎を30本余り届けてくれました。
カタハの料理も煮物やおひたしなど色々~とあるようですが、僕は炒めて食べるのが好物です。
c0022275_15282293.jpg

さっと湯掻いて、適当な大きさに切って、ごま油で炒めます。
それに、砂糖大匙2、みりん1、料理酒1、粉末だし1、唐辛子1本に水1/2カップを入れて煮詰めます。
水が半分ぐらいになると醤油を加えて、さらに煮詰めて、水分が無くなってきたら出来上がりです。
c0022275_15285378.jpg

今回は子供にも食べさせたかったので、ベーコンを3枚加えて油分を出しました。
この時期に採取できるキャラブキも炒め煮にしますが、カタハは柔らかくてアクも少ないし、美味しい山菜です。
c0022275_15292814.jpg

[PR]

by hirospace | 2010-06-01 15:30 | 料理 | Comments(7)